2018年10月1日月曜日

双亡亭壊すべし

『双亡亭壊すべし』(小学館)はホラー漫画。週刊少年サンデー連載作品。双亡亭という古くからある屋敷を壊すことを目指す。この屋敷は古くからあり、人を寄せ付けない。中に入った人は出てこれなくなる。警察官も入っているが、失敗している。
破壊を目指す物語であるが、むしろ簡単に破壊されないことを期待する。日本の建築不動産業界は安直にスクラップアンドビルドを繰り返してきた。暴力的な地上げも行われてきた。それ故に屋敷を破壊しようとする連中が返り討ちにあう展開を期待する。
同じ週刊少年サンデーでは『GS美神極楽大作戦』という連載作品があった。バブル経済の残り香を感じる作品で、不動産業者らの依頼を受け、開発の妨げになる不動産にとりついた霊を祓っていた。霊を祓う側が主人公側という構図は同じであるが、『極楽大作戦』では簡単に倒される敵であったものが、本作品では強敵である。開発至上主義が批判され、開発に対する感覚が変わってきていることを感じさせる。

0 件のコメント:

コメントを投稿