2018年9月1日土曜日

銀河英雄伝説3巻

藤崎竜『銀河英雄伝説』3巻はイゼルローン要塞の攻略戦である。ヤン・ウェンリーの同期で秀才の誉れ高いマルコム・ワイドボーンが登場する。原作のワイドボーンは傲慢なキャラクターであった。本作品では過信はない。士官学校のシミュレーションでヤン・ウェンリーに敗北した際は何故、負けたのか自省している。さらにラインハルトの天才を見抜いている。
原作ではラインハルトとヤンの二人の天才を際立たせるために他のキャラクターをどうしようもなく無能に描いているのではないかと思うことがある。しかし、それではランキングやヤンは相対的にまともというだけで天才にはならない。むしろ、ワイドボーンの有能さを描き、ラインハルトを舐めずに全力で対峙し、それでも敗北したと描く方がラインハルトの天才が際立つ。原作で軽視されていたキャラクターを再構成する。二次小説を読むような面白さがある。
表紙はキルヒアイスである。本作品のキルヒアイスはムキムキである。スマートな印象があり、そこは違和感がある。
ビッテンフェルトも豪放磊落なイメージではない。

0 件のコメント:

コメントを投稿