2018年4月15日日曜日

執事西園寺の名推理

執事西園寺の名推理はテレビ東京の連続テレビドラマである。上川隆也が名推理でレディに尽くすパーフェクトすぎる執事になる。
殺人事件が起きる。警察は見込み捜査で犯人を決め付け、自白を強要する。ステレオタイプな日本警察である。おまけに顔がでかく暑苦しい。視聴者にムカつかせることは役者としては上手である。
被疑者が、被害者から八百長をもちかけられたと真実を話しても、警察は「お前が八百長を持ちかけた」と事実をねじ曲げる。それならば完全黙秘が合理的になる。話すだけマイナスである。
刑事専門弁護士が欲しいところである。執事西園寺が事実を確認するためにハードな再現実験を行うところは刑事専門弁護士と重なる。謎を解くための思考シーンも刑事専門弁護士と重なる。
第1話は恋愛成就話にもなっている。ミステリーの原則に反するが、日本では被疑者の立場に立たされた人は大変であり、その後を描くことは、むしろ責任ある姿勢である。

0 件のコメント:

コメントを投稿