2018年2月3日土曜日

秀吉の活の書評

#豊臣秀吉 #歴史 #小説
『秀吉の活』は豊臣秀吉(藤吉郎)を主人公とした歴史小説である。本書の特徴は槍働きや調略という純軍事面だけではなく、普段の実務を重視していることにある。「数百石の無駄をなくせば、それはつまり数百石の敵の領地を奪ったと全く同じ」との台詞がある(94頁)。これは現代の経営のリストラクチャリングに通じる。逆に墨俣の一夜城築城は一行で済まされている(220頁)。
藤吉郎と義父の竹阿弥の仲は悪かったと描かれることが多い。本書も表面的には同じであるが、感動的に描かれている。秀吉の馬印の瓢箪の由来にも絡ませる。
一方で明智光秀は最初から曲者に描かれている。細川藤孝も高慢な人物に描かれている。
十分に書かれている歴史上の有名人でも新たな物語を書けるものと実感した。

0 件のコメント:

コメントを投稿