2018年2月2日金曜日

マンション管理

#マンション #管理組合 #マンション管理
マンション管理もマンションだまし売りと根本の原因は同じです。市場原理、競争原理が働かないことです。マンション販売では商品の性質上、リピーターが少ないため、売ったら売りっぱなしの悪徳業者が出てきます。普通の商売はリピーターを重視します。新規顧客を獲得することは、リピーターを獲得するよりもはるかにマーケティングのコストがかかります。そのために普通の商売はリピーターになるようにサービスに努めます。マンションは一生に一度あるかないかの買い物のため、マンション分譲業界では、そのような当たり前の企業努力をしない業者が出てきます。
マンション管理は管理会社が消費者に選ばれずに決まってしまいます。マンション管理会社は、マンションの区分所有者による管理組合が管理委託契約を結ぶ形になっています。ところが、どの管理会社と契約するかは最初から決まっています。大抵の場合、分譲する不動産業者の子会社になります。東急不動産のマンションならば東急コミュニティーとなります。抱き合わせ販売です。管理会社としては消費者に選ばれて契約した訳ではないため、殿様商売になります。サービス業としての精神が乏しくなります。
マンション管理の問題として、販売時に修繕コストを安く見せることがあります。マンションは維持管理や大規模修繕のコストがかかります。

0 件のコメント:

コメントを投稿