2018年1月6日土曜日

林田壱岐守

#日本史 #歴史 #長崎県
林田壱岐守は南北町時代の武将である。南北朝時代は日本史上有数の混迷の時代であった。
林田壱岐守は南朝方として室町幕府の九州探題と戦った。南朝方と言っても、皇国史観のような勤皇思想に凝り固まっていた訳ではない。国人領主として領土を守りたいだけであった。一生懸命の語源になった一所懸命の精神である。
元々、九州の土着の武士にとって鎌倉幕府の御家人は侵略者であった。そのため東国武士に好意的ではなかった。逆に南朝と言っても、吉野の朝廷の制御にある訳ではなく、九州の地方政権、事実上の独立政権であった。九州の国人の希望になったことは自然である。
林田壱岐守は大宰府陥落後も南朝方として抵抗した。今川軍は海から侵入したが、林田軍は高地に陣をしいて防いだ。水際防御ではなく、縦深防御である。突撃型はあっさり全滅しがちである。楠木正成も千早城の籠城戦は強かったが、湊川の戦いでは敗れた。第二次世界大戦の日本軍も万歳突撃は笑われたが、硫黄島の戦いはしぶとかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿