2017年1月31日火曜日

カジノ

カジノの話は、カジノ推進者が皆、目先の金儲けしか考えない人々ではないことが理解できた。本気でカジノを検討している人々は環境の問題や依存症の問題を考えようとしている。むしろ行政が何も考えずに一度立てた計画を推し進めようとすることが問題である。他の分野も該当するが、行政主導、公務員主導が問題である。
私はカジノの経済効果について質問した。カジノの経済効果として推計される金額は、国民経済から見れば純粋に増加と見るべきなのか。それとも競馬やパチンコをやらずにカジノに費やすような他の分野から移動したものが多いのか。回答は外国人の消費は別として、国民の財布が増えるものではなく、大半が他の分野からの移動になるであった。但し、競合はパチンコよりも、ハワイ旅行やゴルフなどのリゾート消費であり、メインのターゲットは男性のグループという。
これは既存のカジノ議論とは異なる切り口を提供する。まず、カジノの経済効果が国民経済への純増ではなく、他の分野とトレードオフで成り立つならば、外国人相手は別として、消費新興策として正当化できなくなる。また、カジノ容認派にはカジノそのものの積極的推進派だけでなく、パチンコ抑制のための容認派もいるが、カジノがパチンコと競合しなければ主張は成り立たなくなる。但し、カジノを契機としてギャンブル依存対策が進むという利点はある。
一方で男性グループをメインターゲットとしたリゾート消費という点からはカジノの意義を経済効果とは別に考えることができる。それは趣味の選択肢の増加である。いつまでもゴルフや麻雀という昭和文化ばかりではないだろう。カジノは新たな選択肢を加えることができる。
最後に私の立場を説明する。私は東急リバブル東急不動産から新築分譲マンションを隣地建て替えという不利益事実を隠して騙し売りされた被害者である。

ARを利用した新しいビジネスモデルの話は興味深かった。私達は二十世紀ではなく、二十一世紀に生きている。二十一世紀になったばかりの頃は、新世紀と言っても二十世紀の延長ではないかと思ったものである。しかし、ここにきて第四次産業革命の動きは新時代を予感させる。宇宙旅行や月面基地は中々実現しそうにないが、誰もが小型コンピュータをポケットに持っている世界は二十世紀のSF作家は想像していなかった。新しい分野に注目したい。

2017年1月30日月曜日

マンション投資反対運動

#FJネクスト不買運動 #不動産投資 #迷惑電話
FJネクスト迷惑勧誘電話は怪しい以外の何物でもない。FJネクスト営業と握手したら、自分の指が五本きちんとついているか確認した方がいい。
FJネクスト迷惑勧誘電話や悪質マンション建設からは当たり前のように問題が起きる。投資用ワンルームマンション業界は急成長の歪みが内部の至る所で噴出している。上から下まで腐敗している。ワンルームマンションによる負担は社会に押し付ければいいと思ってる卑怯な企業である。
私企業が利益追求目的で迷惑勧誘電話を行うことを規制しよう。消費者相談の受付体制を拡充しよう。家族からの相談も受け付ける。リスク教育を拡充しよう。

週二回のイベント開催を維持します。インターネットでの事前告知や事後報告を実施します。
プロジェクト的なことをやりたいというような議論をすることが目的でした。実際の場では言いたいことを言うばかりになりがちで、中々実りある話になりません。これは定例会が廃れた原因であり、仕方ないことです。
今はこれが問題だから、皆でこれに取り組もうという、ボールが飛んできた方向に全選手が走る昔の下手くそな日本代表のサッカーのようなことではなく、もう少し長期的複合的視野に立った話でした。
むしろ、そのような議論はメールの方が有益かもしれません。そのため、ご提案があれば投稿をお願いします。事業は人金物が必要と言われますが、初期費用についてはスモールスタート前提ですが、考えることはできます。

2017年1月28日土曜日

マンション建設反対運動

#FJネクスト不買運動 #不動産投資 #迷惑電話
ワンルームマンションの乱立が住環境を破壊するとして問題になっている。そこでワンルームマンション問題を取り上げる。ワンルームマンション問題に対する最も明確な公衆アジェンダはマンション建設反対運動である。建設計画の見直しという明確で具体的な要求である。しかし、残念なことに政策アジェンダはストレートに応えられる仕組みになっていない。制度として地区計画や高度規制などは存在する。しかし、マンション建設反対運動は住環境を破壊する個別のマンションを何とかして欲しいというものであるのに対し、地域全体に規制をかけるアプローチはネズミ退治に地球破壊爆弾を持ち出すほどではないにしても大袈裟である。住環境を破壊する大型高層マンションを規制することと一戸建ての壁に派手な色で塗っていいかは別次元の問題である。ところが、街づくりの問題として建築規制が議論されると同次元の問題とされてしまう。街づくりに問題意識を抱く人にはヨーロッパの統一的な街並みに美を感じる人も少なくないが、それも一種の全体主義であり、万人が同意する
ものではない。実際、マンション建設反対では団結した住民も地区計画策定ではコンセンサスを得られないケースがある。現行制度のオプションがマンション建設反対というニーズに直接答えるものになっていない。このために解決に向けた方向性が迷走し、住民運動側も行政側も事業者との話し合いという一手段の入口が目的化してしまうケースがある。これは住民運動側に労働運動家的な感覚があると顕著になる。
この状態を打破するために住民運動側からは規制の範囲内ならば全て認める建築確認を改めて、地域と調和した建築だけを認める建築許可へのパラダイム転換を主張する声がある。しかし、これは許可という官僚の権限と裁量を増大させる制度設計であり、時代に逆行する面があり、広い意味での公衆アジェンダになりにくい。
ここで政策アジェンダからの興味深い動きは憲法改正による環境権の追加である。これが請求権という具体的な意味を持つ権利として定められるならば、自分の住環境が侵害されるから訴えるというマンション建設反対運動の論理に適した形になる。公衆アジェンダと政策アジェンダの麗しき一致が誰も想像していなかった憲法改正によって実現するかもしれない。

2017年1月27日金曜日

東急田園都市線タックル遅延

#東急不買 #田園都市線 #東急不買運動
日本海賊TVで東急田園都市線の遅延を取り上げた。乗客がタックルして降りようとして喧嘩になって遅延した。Twitterではタックルマンと名付けられた。東急田園都市線は五日連続で遅延した。東急はインターネットで遅延証明書を取得できるが、ある大学では大学生が大学に提出する遅延証明書はネット不可であり、意味がない。
東急田園都市線の満員電車は定員オーバーである。トラックならば過積載であり、違法である。東急電鉄は砂利を運んでいる感覚のまま、乗客を詰め込めるだけ詰め込もうとしているのではないか。東急は顧客満足を考えていない。東急は鉄道会社の公共性の自覚がない。東急リバブル東急不動産のマンションだまし売りと同じである。
藤末議員の東急電鉄批判は的外れである。藤末議員の主張が通れば運賃は高くなる。立正コウセイ会には金持ち優遇的な発想があるのではないか。

[悪徳不動産]
ガーラ・グランディ木場不買運動
http://hayariki.hatenablog.com/entry/2016/06/01/211315
ガーラ・グランディ木場不買運動
http://blog.livedoor.jp/hayariki2/archives/2021670.html
[FJネクスト迷惑勧誘電話]
FJネクスト・ガーラ・プレシャス神宮外苑不買運動
http://www.hayariki.net/home/precious.html

2017年1月25日水曜日

ガーラ横浜関内グランドステージ不買運動

#FJネクスト不買運動 #不動産投資 #迷惑電話
買ってはいけないガーラ横浜関内グランドステージ。ガーラ横浜関内グランドステージ不買運動を進めよう。FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話や悪質マンション建設で評判が悪い(林田力『FJネクスト不買運動』枕石堂)。マンション投資の迷惑勧誘電話は知らない素人をはめ込む作戦である。これから先、右肩下がりでパイが縮小していく。マンション投資なんかやってられない。
ガーラ・プレシャス東麻布やガーラ・グランディ木場は住環境を破壊する。悪徳不動産営業の末路は悲惨な髪型である。投資用ワンルームマンションは風呂のデザインが悪い。日本の住宅は水とエネルギーを沢山使わせることを目的に設計しているとしか思えない。
悪徳不動産業者は一生涯、全力で消費者が汗水垂らして稼いだ金を貪るシロアリ人生である。

ガーラ・グランディ木場は日曜祭日もマンション建設9/19 9時
https://www.youtube.com/watch?v=NY2AXdjXnvA
FJネクスト・ガーラ・グランディ木場不買運動
http://www.hayariki.net/home/grandi2.html
ガーラ・グランディ木場不買運動 - 林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟
http://hayariki.hatenablog.com/entry/2016/07/03/230155
東急不動産ブランズシティ久が原問題
https://youtu.be/GudxvMzcZ70
FJネクスト・ガーラ・プレシャス東麻布反対運動
https://youtu.be/sXonyAcM8IU
FJネクスト・ガーラ・グランディ木場不買運動
https://youtu.be/w9oMSUQAvuE

2017年1月22日日曜日

環境破壊は都議選争点

#都議選 #選挙 #東京都
環境破壊は東京都議会議員選挙の争点の一つです。東急不動産ブランズシティ久が原やFJネクストのガーラ・プレシャス東麻布、ガーラ・グランディ木場などのマンション建設は住環境を破壊します。このままでは観光資産の保護が間に合わずに保護出来ずに観光地ですらなくなってしまいます。
マンション投資は目隠しして銃弾を撃ち落とすようなものです。勧誘電話は嘘で塗り固められています。消費者の生活を豊かにしません。

乗客の喧嘩で東急田園都市線は大幅に遅れた。

リニアモーターカーは鉄道としては異質である。トンネルの中を飛ぶ弾丸というイメージに近い。エアバス社が空飛ぶ自動運転車の開発に着手した中で開発の方向性がずれている。
リニアモーターカーは経済的にも成り立ちそうにない。そのような事業が進められてしまう一因としてJR東海の歪な地域割があるのではないか。JR東海は中部地方の鉄道会社というよりも、東海道新幹線のための鉄道会社である。東海道新幹線の乗客の大半は地域住民ではなく、東京と大阪の移動者である。地域密着ではなく、地域の方を向かない鉄道会社になってしまう。

全世界から東急不動産に批判を集中する一大国際キャンペーンを成功させよう。
http://www.hayariki.net/futako/1.htm
東急不動産で買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口
http://www.mynewsjapan.com/reports/1101
東急不動産係長が顧客に脅迫電話で逮捕
http://book.geocities.jp/hedomura/

2017年1月21日土曜日

林田力・東京都議選争点

#都議選 #選挙 #東京都
ペット引き取り屋の撲滅は東京都議会議員選挙の争点の一つです。ペット引き取り屋は動物虐待です。ペット引き取り屋は親不孝になります。ダライ・ラマ自伝は「生前動物を虐待してきた人間は来世には、動物を労る心をもたない人に飼われる犬になって生まれるかもしれない」と指摘します(87頁)。

電話よりもメールのやり取りを望んでいます。これは最初から繰り返し述べている通りです。メールの利点は時間に拘束されないことです。メールは非同期ですので、相手の時間に合わせる必要がなく、相手の時間を奪いません。マンション投資などの迷惑勧誘電話が社会問題になっています。特に平日の営業時間の電話は迷惑です。
メールは電話よりも記録性に優れています。

FJネクスト江東区東陽マンション建設工事騒音
http://hayariki.x10.mx/
住環境破壊・騒音・振動のガーラ・グランディ木場工事(マンション建設工事)
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/
FJネクスト迷惑電話
http://hayariki.ie-yasu.com/

【書名】東京都議選争点/トウキョウトギセンソウテン/Tokyo Metropolitan Assembly Election Issues
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。
Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation.
Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win" and "The Opposition Movement against FUTAKOTAMAGAWA Rise."
【出版社】枕石堂/Makuraishido
【既刊】『二子玉川ライズ反対運動』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』
『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』
『江東区と東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『FJネクスト迷惑電話』『FJネクスト不買運動』など。

自己紹介
だまし売り対策は東京都議選争点
投資マンション商法は東京都議選争点
ワンルームマンション対策は都議選争点
迷惑勧誘電話対策は都議選争点
悪徳商法対策は都議選争点
空き家対策は東京都議選争点
貧困ビジネス対策は都議選争点
政策問題と公共政策
公共政策の基本構造
薬物問題は東京都議選争点
動物愛護は東京都議選争点
ペット引き取り屋撲滅は東京都議選争点
動物愛護政策の複雑性
動物愛護政策の階層性
動物愛護政策の構成要素
動物愛護政策の類型論
格差の再生産
『FJネクスト不買運動と書評』
『FJネクスト不買運動と選挙』
『FJネクスト不買運動と外環道』
FJネクストの品質管理に疑念
東急不動産らが江東区豊洲で変電所マンション
日本海賊TVで東急不動産らの変電所マンション
ブランズシティ久が原反対
ブランズシティ久が原とアルス鎌倉御成町の欺瞞
日本海賊TVでブランズシティ久が原問題
東急ハンズがグッディに敗北
ブラック企業大賞2016
『蓮舫「二重国籍」のデタラメ』
『家康、江戸を建てる』
『2010年宇宙の旅』
『詩人と狂人たち』
『「食べ方」を美しく整える』
『イシュタルの娘』
『信長のシェフ 17』
希望のまち東京in東部読書会第25回「緑の資本論・マルクスの精霊」
希望のまち東京in東部市民カフェ第126回「都議会議員選挙」
希望のまち東京in東部読書会第26回「柄谷行人の近代世界システム」

2017年1月20日金曜日

上杉征伐と関ヶ原の合戦

#歴史 #日本史 #戦国時代
ロジスティックスを各大名に任せるならば、大名家毎に自己完結させる必要があります。このロジスティックスを各大名に任せる方針は参勤交代にも引き継がれました。その代わり幕府は街道という各大名のロジスティックスのためのインフラを整備しました。
徳川家康の上杉征伐ではロジスティックスは各大名に任されたために、その準備で出陣が遅れた大名家も出ました。小早川家や長宗我部家、脇坂家などです。徳川家康は見切り発車で出陣しました。その結果、出陣が遅れた大名家は西軍に取り込まれてしまいます。これが家康にとって、ついてこれない大名を葬り去る意図的なものか、想定よりも西軍が大軍になって狼狽したかは歴史の解釈の面白いところです。
上杉征伐はロジスティックスを各大名で行うとしましたが、石田三成が挙兵し、大阪方を掌握すると、それを貫徹できなくなりました。九州の黒田家や四国の藤堂家、加藤家のように領地が大阪の先にある大名にとって敵地を通る輸送は絶望的です。それどころか、細川家は領地が西軍に攻め込まれました。このような状態ではロジスティックスを大名の自己負担にできません。徳川家が負担せざるを得ませんが、豊臣家の奉行衆のように諸大名のリソースを一元管理する方法はポリシーに反します。上から目線で余ってそうなところから足りなそうなところに回すようなことを命じても、現実は上手く回らないものですし、諸大名から反発も受けるでしょう。
そこで家康は斜め上の解決策を採りました。東海道の諸大名の領地を徳川家が預かることでロジスティックス問題を解決しました。自分の領土のことですので、徳川家が一元的に管理することは問題ありません。このエピソードは山内一豊の心意気を示すものと描かれがちですが、単なる精神的なノリではなく、経済的な意味がありました。
いつまでも司馬遼太郎の歴史観ではないだろうということです。司馬遼太郎の明治の歴史観は批判されるようになりましたが、関ヶ原も見直しが必要です。

2017年1月19日木曜日

佼成病院裁判控訴審

#病院 #裁判 #医療
日本海賊TVで立正佼成会附属佼成病院裁判を取り上げた。控訴審の第一回口頭弁論が3月に東京高等裁判所で開かれる。
多くの人が議論して欲しい裁判である。信者の人も議論して欲しい。国会の厚生労働委員会で取り上げて欲しい。宗教法人が生命の尊厳を軽視して良いのか。特定の宗教法人だけの問題に限定されないのではないか。
本人の意思表示ができない場合に、家族の意思で決めることは本来許されるか。家族全員のサインをもらうなどの手続きを踏まえていない。
日時:2017年3月13日(月)10:30開始
場所:東京高裁424法廷(地下鉄・霞が関駅A1出口1分)

佼成病院裁判は、患者本人の承諾がなく、患者の長男の要請だけで患者を死に追いやったとして、患者の長女が起こした訴訟です。佼成病院の経営主体の立正佼成会と患者の長男夫婦を一緒に訴えました。高齢者の命の尊厳を守る重大な裁判です。
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/

東急ハンズのECサイト「ハンズ・ギャラリー マーケット」が第三者による不正アクセスを受け、クレジットカード決済を利用した顧客の情報など861件が漏えいした。
http://hayariki.jakou.com/
FJネクスト迷惑電話 @mosakuren
就職活動生の親にもFJネクスト勧誘電話
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/recruit.html
#フォローした人全員フォローする #なんかいいなと思ったらRT #RTしまくれ
8:07 - 2016年12月5日
https://twitter.com/mosakuren/status/805549142881636352
ドナルド・トランプ氏がもうすぐアメリカ合衆国大統領に就任する。

2017年1月18日水曜日

豊臣政権と徳川幕府

先の希望のまち東京in東部読書会ではロジスティックスの重要性が指摘されました。その前の読書会では中央集権的な豊臣政権と分権的な徳川幕府の違いが議論されました。この違いはロジスティックスの面からも説明できます。
豊臣秀吉も徳川家康も天下人として諸大名に号令して戦を行いました。しかし、その実態には相違がありました。秀吉の場合、兵三百を出せと言われたら、基本的に兵三百だけを出せば良かったものです。ロジスティックスは石田三成ら奉行衆が手配しました。その代わり米をどこどこに送れ、材木をどこどこに送れと命じられた大名もいました。この成功例は小田原征伐です。しかし、朝鮮出兵では破綻に近付いてきました。石田三成への反感も、性格的に合わないだけでなく、ロジスティックスが回らなかったことへの現場の武将の怒りがあります。
ここからは十万もの大軍のロジスティックスを統一的に回すことには無理があるとの教訓を引き出すことが自然です。そのために徳川家康は上杉征伐に際してはロジスティックスを各大名が行うようにしました。これは真っ当な方針です。同時代のヨーロッパでは連隊レベルでロジスティックスを回しました。ナポレオンによって師団が生まれ、ロジスティックスは師団レベルで回すようになり、現代に至っています。中央集権的な全体最適よりも部分最適の方が効率的な資源の配分になります。
一方で官僚には方針の失敗を認めたくないという醜い習性があります。奉行衆からすれば朝鮮出兵のロジスティックスの破綻が統一的なロジスティックスに無理があったからではないと理屈をこねることも可能です。唐入りは秀吉本人が陣頭指揮する計画でしたが、諸事情で渡海はなされませんでした。現地最高指揮官不在で物事を進めなければならないため、統一的なロジスティックスが上手くいかないことは当然です。また、制海権も朝鮮に奪われている状況では計画通りの輸送になりません。

2017年1月17日火曜日

希望の塾の四回目レポート

海洋都市の話と待機児童の話で共通した点としてマクロの視点がある。海洋都市の話では大阪港と神戸港をバラバラに考えるのではなく、まとめて考える必要性が示唆された。待機児童では東京都特別区の保育料ダンピングなどの競争が資源の効率的な利用を妨げていると批判された。私は中央集権的な官僚支配を嫌い、分散型を好む。人間は身近な物事についての方が正しい判断ができるから、分散型の意思決定が望ましい。一方で分散型を志向する論者からも道州制や都構想など、一定の範囲内で集権的な主張がなされることがある。初回講義で鳥の目と虫の目を紹介されたように、どちらも意味がある。どのようなところで分散型を採り、どのようなところで集権型を採るのか深めてみたいと感じた。

希望の塾の四回目、小池百合子塾長の話ではクールビズが印象に残った。クールビズは服飾産業への経済効果があったと指摘する。この指摘は重要である。クールビズの実施時にはネクタイやスーツの関係者から抵抗があったためである。規則や慣行など外部からの強制によって物を買い、それによって経済が回ったとしても消費者は幸せになれない。それは無駄な公共事業で建設業を維持する土建国家の発想である。それよりも消費者が自分の欲しいものを自分の選択で購入する経済の方が健全である。

需要と供給の観点から待機児童の問題を説明する視点には説得力があった。保育料が安いことは消費者にとって良いことであるが、公によって安く抑えるならば供給不足という歪みが生じる。認可保育園に入れた人はいいが、そうでない人は不幸である。認可保育園の質の高さは保育園を落とされた人々の犠牲の上に成り立っている面があることは直視しなければならない。待機児童は空き家を活用した小規模保育の推進が解になると考える。
希望の塾は様々な講師が話しているが、経済の観点から政治を語る姿勢は一貫している。まさに政治塾ではなく、政経塾である。

[品質管理]
FJネクスト・ウラタ住環境破壊工事1/9 11時半
https://youtu.be/LMnUn0xUETM
FJネクスト・ウラタ住環境破壊工事1/13
https://youtu.be/2M_DEZfHCMY
FJネクスト1/14スラブ配筋工事
https://youtu.be/xric10dGBP4

2017年1月15日日曜日

営業代行は東京都議選挙の争点

#都議選 #東京都議選 #東京都議会議員選挙
営業代行の規制は東京都議会議員選挙の争点の一つです。マンション投資の迷惑勧誘電話などの背景の一つに営業代行会社があります。営業代行は存在自体が矛盾を内包しています。もし優秀な営業力があるならば、自社でビジネスを展開すればいいでしょう。
真っ当な営業代行があるとすれば黒子に徹しなければなりません。一方で営業には自己顕示、自己主張が求められる面もあります。それを全否定するつもりはありませんが、黒子に徹するべき営業代行会社が昭和の体育会系的な営業の自己顕示を有していたら、周囲の反感や反発を受けるでしょう。

東武東上線の人身事故の影響で有楽町線が運転調整しました。

[貧困ビジネス]
危険ドラッグ撲滅は東京都議選争点
http://hayariki.zashiki.com/
ペット引き取り屋撲滅は東京都議選争点
http://hayariki.zashiki.com/cook.html
Stop Gala Grandy Kiba (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.com/dp/B01M3WRCPF/
Stop Gala Grandy Kiba (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.co.uk/dp/B01M3WRCPF/
Stop Gala Grandy Kiba (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.de/dp/B01M3WRCPF/
Nuisance Calls of Mansion Investment (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.com/dp/B01MZ2JONU/
Nuisance Calls of Mansion Investment (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.co.uk/dp/B01MZ2JONU/
Nuisance Calls of Mansion Investment (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.de/dp/B01MZ2JONU/
[悪質マンション]
ガーラマンション不買運動
https://youtu.be/WyaKJEU3HOo
東急不動産FJネクスト不買運動
https://youtu.be/87NdCZiH2tM

2017年1月14日土曜日

営業代行問題は東京都議選の争点

#都議選 #東京都議選 #東京都議会議員選挙
営業代行問題は東京都議会議員選挙の争点の一つです。マンション投資の迷惑勧誘電話などの背景の一つに営業代行会社があります。どのような業界、業態にも悪質業者がいれば良心的な業者がいると言えるでしょう。しかし、それで終わらせてしまえば政治や政策の出番はありません。営業代行には構造的に迷惑勧誘営業に走りやすい問題があります。
営業代行のように容易に立場をスイッチして活動すると自作自演営業がやりやすくなります。マンション勧誘電話ならばA物件を勧誘した後で、別の業者を装ってよりお買い得に見えるB物件を勧誘するという卑怯な手口です。営業代行という立場を容易に変える活動では自作自演が恥ずかしいという意識が麻痺しやすくなります。
さらに営業代行は根本的に真っ当なビジネスモデルとして成り立たないのではないかとの疑念があります。
営業職の英語表記はセールスレプリゼンティブです。営業職は当該顧客から見れば会社の顔であり、代表です。そのような大切な仕事を営業代行会社に丸投げすることは危険です。
日本市場は間接販売、代理店ビジネスの比重が大きいとされます。そのこと自体の是非が議論されています。日本市場の後進性、閉鎖性の証左であり、垂直統合を進めて直販の比重を高めるべきとの主張があります。一方で間接販売は日本の商慣行に合っているとの見解もあり、代理店を一概に否定できない側面があります。
重要なことは、代理店ビジネスにおいては、代理店の行為が本人の行為になります。部分的であれ、代理権を授与することは重いものです。それ故に代理店の資格審査や代理店教育が行われます。営業代行に、そのような重みはありません。

2017年1月13日金曜日

ヴィンラント・サガ

『ヴィンラント・サガ』は中世ヨーロッパはヴァイキングの物語である。第2巻は主人公の父親の悲劇が描かれる。第1巻で主人公は頑なに描かれていたが、それは十分に理解できる。このような過去があれば頑なになって当然である。卑怯なことは何よりも恥ずべきことである。
歴史は大学では文学部の中に歴史学科があるように歴史書という文学が中心になる。そのために文学の発達した民族中心となりやすい。

行政サービスは中央集権型から地域分散型に転換します。住宅に近い窓口を大事にします。本庁舎に行かなくても多くの用事を済ませられるようにします。

エレベーターは電気代がかかる。

空き家が活用されないことは不幸です。家は人が住んでこその価値です。

悪徳不動産業者に対しては寸分の容赦もない批判精神を持っています。最初に説明したことと異なることを言う業者を信用してはなりません。
迷惑勧誘電話業者は間違い電話の振りをして電話番号を確認します。
土建業者は仕事がないためか、遠隔地に仕事を求めてきます。江東区のマンション建設現場には川越ナンバーなどが散見されます。1月9日に北区のリフォーム業者が江東区の住宅に訪問勧誘に来たほどです。

ブラックな働き方をなくします。マニュアルを作って誰でも仕事を引き継げるようにします。

長距離輸送では鉄道が使われています。

兵庫県のゲームセンターに置かれていたクレーンゲームの景品は、生きたハムスターでした。非難の声が沸き起こり、店側はゲーム機撤去に追い込まれました。

ガーラ・グランディ木場不買運動
http://hayariki.hatenablog.com/entry/2016/06/01/211315
ガーラ・グランディ木場不買運動
http://blog.livedoor.jp/hayariki2/archives/2021670.html
FJネクスト・ガーラ・グランディ木場の粗末な仮囲い
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/gala.html
FJネクスト仮囲いを外して悪質工事
https://youtu.be/QYiDXWa2krM
エフ・ジェー・ネクスト不買運動jupiter
https://youtu.be/BHwPWOPR8H8
FJネクスト不買運動
https://youtu.be/3kQD-ufMTmE

2017年1月11日水曜日

ブラック企業対策は東京都議選の争点

#都議選 #東京都議選 #東京都議会議員選挙
ブラック企業対策は東京都議会議員選挙の争点の一つです。ブラック企業はパワハラを諌めるどころか一緒になってパワハラをしてしまう陰湿な体質があります。ブラック企業は創造意欲を失わせます。ブラック企業は労働生産性が低くなります。
悪徳業者の情報を公開して周知します。それに対して議論が起きます。これは良いことです。
日本は住居費の負担が高いため、空き家を廉価な住宅に活用し、可処分所得を増やします。

東急不動産ブランズ川口元郷は病院マンション。病院跡地は人が死ぬ場所なので、縁起が悪いと考える人がいる。これからは病院が近くにあることをメリットとするよりも、遠隔医療を普及していくのではないか。
川口元郷にタワーマンションは必要か。東急不動産は守谷でもタワーマンションを建設して住民反対運動が起きた。ブランズシティ守谷は竣工後も長らく売れ残った。
タワーマンション高層階に住むとエレベーター待ちで人生を無駄にする。高層階は地震の揺れが大きい。災害時にエレベーターが止まって住めなくなるケースもある。高層階に行けば行くほど軽い素材になるため、実は安っぽくなる。

小池百合子政経塾「希望の塾」が都議選対策講座の試験を実施した。新聞が一面で報道するなど大きく注目された。これまでの政党の塾では面接中心であり、いくら出せるかが最重要の質問とされる傾向があった。

2017年1月10日火曜日

怪盗紳士モンモランシー

『怪盗紳士モンモランシー』はスパイ小説の二作目である。一般的なスパイ小説とは趣が異なる。主人公が依存性薬物に手を出し、中毒になっているというみっともない状態である。薬物中毒者の心の弱さや禁断症状の恐ろしさが描かれる。物語の序盤は主人公の依存性治療の話になる。物語の後半に入っても薬物の誘惑に葛藤する主人公の弱さが描かれる。薬物問題は一過性の過去ではなく、ずっと直視していかなければならない問題である。
さらにモンモランシーは自らの過去を告白する。そこには無実の人に罪をなすりつけた恥ずべき過去が含まれており、それを聞いた人から思いっきり軽蔑される。過去の窃盗には目をつぶるが、卑怯者は許さないという悪なりの美学には一つの筋が通っている。
主人公を治療する医師も問題を抱えていた。本書は医療事故で始まる。手術する必要のない健康な人を手術して死なせてしまう(14頁)。その結果、医師は罪悪感を抱く。彼のように反省できる人ならば良いが、日本の医療過誤では、そのようには見えないことが問題である。この医者は自信喪失から回復した後にも職業倫理で悩まされる。
本書は予定調和の作品ではない。濡れ衣による自殺者や証拠なしで誘導尋問によって有罪になった人がいる。人間世界の不条理を反映した作品である。

箱根でスリップ事故が起きました。
元モーニング娘。の紺野あさ美アナウンサーが結婚しました。

2017年1月7日土曜日

詐欺撲滅は東京都議選の争点

#都議選 #東京都議選 #東京都議会議員選挙
詐欺撲滅は東京都議会議員選挙の争点の一つです。東急リバブル東急不動産のマンションだまし売りは詐欺的商法です(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。

格差の再生産は社会構造によって格差が拡大することである。構造的に富める者が益々富み、貧しい者が益々貧しくなる。特に親の貧富が子の貧富に直結することである。
その都市への影響として住民の断絶がある。都市の一体性が損なわれ、一部地域がスラム化する。都市の一部が生産性の低い、非効率な状態になり、それが格差の再生産の原因になるという悪循環になる。
格差の再生産の解決策としては所得の再配分が先ず挙げられる。しかし、これは言われるほど単純ではない。日本では再配分後の方が格差が拡大していると指摘される。硬直的な給付は既得権を生んでしまう。
また、再配分は単純化すれば富者から取って貧者に渡すことであるが、一地域の首長という都知事の立場から考える場合、富者が居住地を変える可能性を考慮する必要がある。再配分政策が著しく非合理な場合は富者の流出になる。よって富者にも納得性のある再配分政策にする必要がある。
このため、教育や住宅、雇用、福祉などの社会政策は格差を縮小するために必要な財を必要な人に提供する形で展開すべきである。生活保護費がパチンコ代や酒代になってしまうならば好ましくない。このような問題があるならば現物給付が検討の選択肢になる。さらに魚を与えるよりも漁の仕方を教えるような政策が良い。
一方で市民のニーズは多様化しており、行政の現物給付は非効率なものとなりがちである。

土建利権は東京都議選の争点

#都議選 #東京都議選 #東京都議会議員選挙
ブラック企業対策は東京都議会議員選挙の争点の一つです。ブラック企業はパワハラを諌めるどころか一緒になってパワハラをしてしまう陰湿な体質があります。
詐欺撲滅は東京都議会議員選挙の争点の一つです。東急リバブル東急不動産のマンションだまし売りは詐欺的商法です(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。
土建利権は東京都議選の争点の一つです。開発は住環境を破壊します。土建屋は自社の利益のためにはモラルを平然と見棄てて顧みません。豊洲市場を受注した共同企業体の一社の東急建設は談合の常習犯です。
財政は逼迫して教育や福祉予算が削られています。大型開発は建設費や維持費で長年に渡って財政から莫大な支出を行うことになります。都民の生活を最優先にします。
悪徳業者を野放しにすると、もう一度同じことをするでしょう。つまるところ人としての良心を持っていません。それに尽きます。ドブネズミより質が悪いです。住民は耐え難い悪臭にも見舞われます。マンション投資は、しないことが一番の成功です。

[悪徳不動産]
Nuisance Gala Grandy Kiba (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.de/dp/B01N3QVQCD/
Nuisance Gala Grandy Kiba (Japanese Edition) Format Kindle
https://www.amazon.fr/dp/B01N3QVQCD/

東京都江東区枝川で工場が火事になりました。
ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領は5日、トヨタ自動車(Toyota Motor)にメキシコでの工場建設計画を撤回しなければ、重い輸入税を課すと警告した。

2017年1月5日木曜日

家康、江戸を建てる

#書評 #レビュー #歴史
クレーマーと言われようと、ふざけた態度の迷惑勧誘電話営業に対しては相応の態度で返します。何よりも大切なことは都民一人ひとりがFJネクスト迷惑勧誘電話や悪質マンション建設に患わされずに安心して生活を送ることです。悪徳不動産業者は後代の恥になります。FJネクスト不買運動は真実らしく装ったりしない。ありのままを描く。

『家康、江戸を建てる』は現代の東京に通じる江戸の街を作った要素を技術に着目して語る歴史小説である。冒頭では江戸に将来性を見出だした徳川家康の先見性と人材抜擢の妙が描かれるが、主役は技術官僚や技術者達である。政治や戦争ばかりが歴史ではないことを示している。
技術官僚の果たした役割は大きいが、その名前はあまり知られていない。当時においても石高は低かった。しかし、そこに統治の妙がある。官僚は裏方に徹してこそ上手く回る。これは現代日本の官僚政治の行き詰まりから実感できるし、本書で言及されている大久保長安の驕りと死後の暗転が示している。技術官僚の分を越えた大久保長安の驕りは死後の悲惨さにつながった。
江戸幕府は各大名に江戸城の普請を命じた。これは大名間で競いあう形になったとされる。しかし、本書では自分の割り当て分しかやらないという発想ではなかったという描写がある。死者が出るような過酷な工事では逆に競争する余裕がなかったという。全体最適のために協力しなければならないというような上からの強制なしに現場レベルで協力がなされている。ここには競争社会から共生社会に転換するヒントがあるのではないかと感じた。

2017年1月4日水曜日

FJネクスト迷惑電話

#FJネクスト不買運動 #ガーラ・グランディ木場不買運動 #FJネクスト反対運動
マンション投資の迷惑勧誘電話はフェアプレーとプライバシー保護の精神に反しています。ワンルームマンション投資は投資の候補になりません。勧誘電話から始めるマンション投資で成功することは宝くじに当選することよりも望み薄です。
FJネクスト迷惑勧誘電話や悪質マンション建設があると食欲が失せます。最初から人の心を金でつかもうとする心根が汚らわしい上に話し方に虫酸が走ります。人格は業績と無関係のようでいて、評判に直結するものです。曖昧な論理が何頁にも渡ってひたすら続く収支計算書は何も語っていないに等しいものです。マンション投資は負ければ野垂れ死にして鳥の餌になります。

『家康、江戸を建てる』は現代の東京に通じる江戸の街を作った要素を技術に着目して語る歴史小説である。冒頭は江戸に将来性を見出だした徳川家康の先見性と人材抜擢の妙が描かれるが、主役は技術官僚や技術者達である。政治や戦争ばかりが歴史ではないことを示している。
技術官僚の果たした役割は大きいが、その名前はあまりしられていない。当時においても石高は低かった。しかし、そこに統治の妙がある。

[品質管理]
FJネクスト・ウラタ住環境破壊工事1/9 11時半
https://youtu.be/LMnUn0xUETM
FJネクスト・ウラタ住環境破壊工事1/13
https://youtu.be/2M_DEZfHCMY
FJネクスト1/14スラブ配筋工事
https://youtu.be/xric10dGBP4
林田力『東急コミュニティー解約記』
http://hayariki.kakuren-bo.com/hayariki/

2017年1月3日火曜日

FJネクスト反対運動

#FJネクスト不買運動 #ガーラ・グランディ木場不買運動 #FJネクスト反対運動
迷惑勧誘電話業者は通話内容が録音されることを嫌います。自動通話録音機は有効です。迷惑勧誘電話営業は校舎の窓ガラスを割るヤンキーと同じです。
悪徳業者の手口が悪質・巧妙化し、消費者被害は深刻化しています。悪質な被害が後を絶ちません。悪徳業者は嫌味と物欲を丸出しにしています。悪徳業者の情報を周知することで消費者被害の未然に防止し、拡大を防止します。都民の消費生活の安心・安全を実現します。
FJネクスト不買運動は多くの人々の心に生き続け、語り継がれる。FJネクスト不買運動は静かに広がっていく。

信長のシェフのタイムスリップ物としての特徴は、タイムスリッパーが歴史知識を使って優位に立つよりも、タイムスリッパーの行動が意図せずに歴史通りの結果になることである。歴史改変を目論む新たなタイムスリッパーが登場して物語の雰囲気が変わってしまうのではないかと危惧された。
信長のシェフ17巻では信長にとって最大の難敵でありながら、戦国大名でないためか知名度は低い石山本願寺との戦いが始まる。石山本願寺との激戦の描写は新鮮である。信者をスパイにする宗教勢力の怖さも描かれる。同時代のヨーロッパで凄惨な宗教戦争が展開されたことを踏まえれば、信長、秀吉、家康が宗教勢力の牙を抜いたことは良かったことに思える。

2017年1月2日月曜日

食べ方を美しく整える

小倉朋子『「食べ方を美しく整える」』は食べ方の書籍である。この手の書籍には成金趣味的なものもあるが、本書には料理の値段と品質が比例するという類の浅ましさはない。また、旧時代の作法の復権を押し付けるものでもない。むしろ市民感覚に即した内容である。たとえばストレスオフのために一人ご飯を薦めている(23頁)。一人ご飯でストレスオフがあるから、コミュニケーションの場としての食事が成り立つ。
本書は、取りあえずビールの風潮を否定する。人それぞれ飲みたいものがあるためである(19頁)。さらに本書は、取りあえずビールが店にも失礼と指摘する。「メニューをしっかり読むことは飲食店に対する客側のエチケット」だからである(21頁)。逆に世の中には注文をとる店員を待たせないために、取りあえず人数分のビールを注文することが良いこととの勘違いがある。考えてみれば、それはメニューを用意している店に失礼である。メニューをじっくり読んで注文することが店へのマナーとの指摘は、消費者の選択権を重視する私にとって嬉しいものである。
マナーは基本的に相手への配慮で成り立っている。たとえばナイフを置く時は刃を自分の側に向ける(85頁)。文筆のマナーで追伸文は失礼とされる。
食器やテーブルを傷つけないことは最低限のマナーである。意外なことに一番困るものは男性の腕時計という。大きくて重い腕時計がテーブルの縁に当たり、傷つくことが多いという(95頁)。食事マナーと成金趣味は全く異なる。

2017年1月1日日曜日

ワンルームマンション対策は都議選争点

#FJネクスト不買運動 #ガーラ・グランディ木場不買運動 #FJネクスト反対運動
ワンルームマンション対策は東京都議選の争点の一つです。FJネクストなどマンション投資の迷惑勧誘電話は心を蝕みます。FJネクスト迷惑勧誘電話は凄まじく空虚です。マンション投資は破滅の元です。マンション投資は酷く厄介な立場に置かれます。悪徳商法は消費者に対する卑劣な裏切りです。
不動産投資は危険です。キャッシュイズキング。数十年という時間がどれほど社会制度に変化をもたらすか。流動性がないことがどれほど恐ろしいか。
迷惑勧誘電話営業は阿呆と知られることを怖がっています。迷惑勧誘電話営業は何でも異常と思うことができます。正常なものを持っていないからです。迷惑勧誘電話営業の精神的欠陥は真実を忘れてしまったことにあります。ひっきりなしに嘘をついていたため、何事も決してあるがままには見えず、みせかけの姿でしか見られなくなってしまいました。

詩人と狂人たち

謹賀新年。新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。

#書評 #推理小説 #探偵
『詩人と狂人たち』は詩人画家カブリエル・ゲイルのミステリー短編集である。ゲイルが探偵役になって謎を解き明かすが、一般の推理小説とは趣が大きく異なる。普通の発想では解き明かすことができない謎を解き明かす。犯行の動機も斜め上のものである。逆立ちして見ることで真実がつかめる。非常に逆説的である。
よくある推理小説は犯人が明らかになった後で犯人による犯行動機の説明が始まる。犯行は壮大な復讐劇であることが多い。それによって犯人にも同情できる点があることを示すが、現実はもっと非合理な動機で動くことも多い。故に本書に逆にリアリティーを感じてしまった。本書では狂人と表現するが、むしろ人間らしさを感じた。その典型は「紫の宝石」である。小市民的生活に価値を見出だすことが常識人からは狂気の沙汰に見えてしまう。一体どちらが正常で、どちらが異常なのか考えさせられる。

立正佼成会附属佼成病院裁判
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/
西野カナがレコード大賞を受賞しました。