2017年10月10日火曜日

長宗我部元親

#漫画 #書評 #戦国時代
ナルト第1巻は第1話が惹き付ける。第1話で読み続けるか決めるというシビアな世界にふさわしい作品である。

長宗我部元親の漫画である。歴女の人気が高い戦国大名である。大河ドラマの主人公になっても不思議ではない。
物語は初陣の直前から始まる。支配体制に組み込まれない人々を心服させ私兵とすることで強力な軍事力を持つ展開は、織田信長を描く『いくさの子』に重なる。但し、四国では半農半武が強さを発揮したが、上方では職業軍人の時代になっていった。後の豊臣秀吉の四国平定では、その差が明らかになる。
最初は無能と思われていたが、それは才能を隠していた。この点も織田信長に重なる。信長と似ているにも関わらず、当の信長からは鳥なき島の蝙蝠と低い評価であったことは皮肉である。信長の本質は中世を壊す近世大名であり、中世的な要素の強い長宗我部家を高く評価できなかったのだろう。但し、この長宗我部軽視は本能寺の変の動機になったとの指摘もあり、信長にも痛恨であった。

0 件のコメント:

コメントを投稿