2017年10月13日金曜日

立正佼成会附属佼成病院裁判

#立正佼成会附属佼成病院裁判 #医療 #裁判
立正佼成会附属佼成病院裁判の記者会見が司法記者クラブで開催される。日本海賊TVで取り上げた。番組では記者会見の結果も取り上げる予定である。
立正佼成会附属佼成病院は宗教団体が経営している。一般に宗教団体の事業運営は営利のためである。番組では宗教団体が経営するから患者に優しいということはないと指摘された。立正佼成会附属佼成病院では小児科医の過労死が起きた。

ナルトは忍者アクション漫画である。しかし、その忍者は日本の伝統的な忍者のイメージとは異なる。アメコミ的な忍者である。
サクラは額が広いことをコンプレックスにしているのに、額を見せる髪型にしている。不思議である。
スリーマンセルのチーム分けは実力を均等になるようにしたという。最優秀のサスケと最下位のナルトを同じチームにした。そうなると残るサクラは、ちょうど平均のレベルだろうか。しかし、3巻ではチャクラのコントロールが上手である。サクラも優秀と言える。ナルトの成績がマイナス過ぎて、優秀な人を二人入れないとバランスが取れないのだろうか。
後の九尾の設定からすると、第1話のナルトの扱われ方は酷い。里の貴重なリソースを無駄にしている。ザブザに平和ボケした里と言われたが、その通りである。
2巻の扉絵で既にミナトが描かれている。物語の骨格は最初からできていたのだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿