2017年4月27日木曜日

東急不動産だまし売り裁判

#書評 #レビュー #ビジネス
池袋で東急不動産だまし売り裁判やワンルームマンション問題を紹介した。東急リバブル東急不動産のマンションだまし売りは消費者にとってカタストロフィーである。東急リバブル東急不動産のマンションだまし売りは異常なことである。消費者は東急リバブル東急不動産に振り回された。東急リバブル東急不動産は消費者契約法を分かっていないのではないか。東急リバブル東急不動産営業は無礼であり、人間的にさもしい。東急不動産だまし売り裁判では地上げブローカーという暴力団みたいなものも登場した。
https://www.youtube.com/watch?v=b_smXjD08qg
東急リバブルCM批判
https://www.youtube.com/watch?v=_O3ceh55Zj4

『仕事が速い人はどんなメールを書いているのか』は仕事を速く進めるためのメールの書き方を解説した書籍である。本書から最も感じたことはパソコンのメールと携帯電話のメールは全く異なるということである。携帯メールの感覚でメールを書くと大失敗する。ここは押さえておかなければならない。現実にメール文言の無礼を咎められた人が、携帯メールの感覚で書いたと言い訳して反感を増大させた例を知っている。
本書はメールを速く書くことを価値の一つとしているが、それは決してメールを雑に書いてよいということではない。この点でも携帯メールの感覚でメールを書いてはならないことが分かる。

沖縄県石垣市の自宅で大麻を所持したとして、大麻取締法罪に問われた元女優の高樹沙耶(本名・益戸育江)被告の判決が27日、那覇地裁であり、潮海二郎裁判長は懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)を言い渡した。

0 件のコメント:

コメントを投稿