2017年3月13日月曜日

老いない体

物事の本質を理解する訓練ができていません。何故、間違えたかを考えることは再発防止策に繋がります。経験した出来事を一般化して把握することは、新しい事態に直面した時に、より良く対処する経験則となります。

立正コウセイ会附属コウセイ病院裁判控訴審の第一回口頭弁論が東京都千代田区の東京高等裁判所で開かれた。予定時刻を過ぎても裁判官らは現れず、十分過ぎに始まった。
期待権について控訴審でも主張するか。法益についても論じて下さい。
病院の管理が杜撰であった。病院の注意義務は意外な結果を起こさなくすることも含まれる。意外な結果を起こさなくする義務がある。因果関係は吐いた時点で胃の中に残っていた。消化しきれなかった。
7月からリハビリに入っている。医師に書面尋問を申請した。

『老いない体』は整体師による新書である。健康格差という言葉があるが、見た目年齢と実年齢の格差も大きい。今や髪の毛で男性の年齢を推測すると大変なことになる。本書は老いない体の秘訣を説明する。健康は多くの人の関心事であり、様々な書籍が出ているが、本書にはユニークな内容がある。例えば本書はランニングよりもウォーキングを推奨する。過度のランニングは脳に衝撃をもたらし良くないという。体を酷使することが健康法という時代遅れの精神論と無縁なところは好感が持てる。
また、日本に四季があることは風情があると肯定的に位置付けられがちであるが、気温の差があることは体にとって過酷という。目まぐるしい変化や変化のための変化はプラスにならない。

ガーラ・グランディ木場は日曜祭日もマンション建設9/19 9時
https://www.youtube.com/watch?v=NY2AXdjXnvA
FJネクスト・ガーラ・グランディ木場不買運動
http://www.hayariki.net/home/grandi2.html
ガーラ・グランディ木場不買運動 - 林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟
http://hayariki.hatenablog.com/entry/2016/07/03/230155

整理集約の観点で言えば適切な選択が高速道路にされてないことが問題です。 撤退しなければいけないものは撤退するしかありません。中止しなければいけない計画は中止するしかありません。それなの道路に対してはゾンビ化させるようなことばかりしています。余計ダメになることは必然です。

0 件のコメント:

コメントを投稿