2017年2月22日水曜日

二子玉川ライズ本社企業社員が覚醒剤密輸

#薬物犯罪 #楽天 #ドラッグ
二子玉川ライズ本社企業である楽天社員が覚醒剤密輸容疑で逮捕された。楽天社員は薬物の売人と見られている。危険ドラッグなど薬物の蔓延が社会問題になっている中で問題である。楽天社員は容疑を否認しているが、報道内容に基づくと折り返したズボンの裾に入れるという手が込んだ方法で、往生際が悪いと見受けられる。自宅からもガラスパイプや小分け袋が大量に発見されたという。楽天は医薬品に力を入れているが、覚醒剤密輸事件は悪印象を与える。
二子玉川ライズは過去にアダルトビデオ撮影も行われた。二子玉川ライズの風俗の乱れを印象付ける。楽天は二子玉川に本社を移転してから迷走している。楽天タワーから離れて不便になった。
この問題は日本海賊TVで取り上げた。今回は有馬温泉土産の金泉焼を食べながらの収録になった。

国土交通省は多摩川の堤防問題では、二子玉川地区(仮称)水辺地域づくりワーキングを検討しています。

私は過去の陳述で自動運転車の普及を繰り返し述べました。二十世紀的な感覚では自動車は自ら制御するもので、自動運転という発想に拒否感があるかもしれません。しかし、自動車運転者の間でも車を自分でメンテナンスするという意識が弱まっています。
JAF(日本自動車連盟)は2月20日、「タイヤのパンクに関するアンケート調査」の集計結果を発表しました。調査は1月16日から2月6日の3週間行い、4万6379件の有効回答を得ました。
パンク未経験者に「パンクしたらどうするか?」と聞いたところ、41.4%が「他者に依頼する」、58.6%が「自分で対応する」と答えました。年代別では、29歳以下の64.3%、30代の67.8%が「他者に依頼する」と回答しました。
一方、パンク経験者がどのように対応をしたかという質問では、20年以上前に経験した人の77.2%が「自分で対応した」と回答しているのに対し、1年以内に経験した人の64.1%が「他者に依頼した」と回答しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿