2017年2月3日金曜日

東急電鉄ヒール広告

日本海賊TVでは東急電鉄ヒール広告への批判を取り上げた。林田力は日本海賊TVでは東急不動産だまし売り裁判原告と自己紹介している。立正コウセイ会コウセイ病院原告家族とも自己紹介しないのかと指摘された。
東急電鉄ヒール広告が女性抑圧と批判されている。東急電鉄のマナー広告「ヒールが似合う人がいた。美しく座る人だった。」が女性蔑視・女性抑圧であると批判されている。
「電車内で迷惑だと思うのって痴漢や足開くおっさんが大半なのにおっさんは全然出てこない。マナー違反で怒られるのはポスターになってる若い女性とあまり顔を見せない若い男性のみ。誰に配慮してんの?」
東急電鉄は過去のマナー広告「都会の女はみんなキレイだ。でも時々、みっともない」も女性抑圧と批判された。
http://www.hayariki.net/damashi2.html
東急電鉄はセンスがない。マナー広告に力を入れているということは広告が減っているのではないか。
マナー広告への反発の背景には東急電鉄の混雑遅延への反感がある。東急田園都市線は溝の口になると乗れない。東急電鉄はホスピタリティがない。他の私鉄は観光地や寺社への輸送で出発した。京王は高尾山、西武は長瀞、東武は日光、小田急は箱根、京成は成田山、京急は川崎大師である。東急だけがない。乗客を詰め込むことしか考えない。
梶ケ谷の駅名を変えろという声がある。末永に変えるべきとの声がある。末永の住民の方が古い。東急不動産は大田区鵜の木の新築分譲マンションをブランズシティ久が原と名付けた。

危険ドラッグ犯罪を徹底的に情報公開します。
ペット引き取り屋は、一生懸命稼いで猫ちゃんたちを幸せにしようと発想しないところがダメである。

豊洲市場予定地を第二東京ビッグサイトにすることを提言します。豊洲市場予定地は様々な問題を抱えています。施工した東急建設らの責任追及が必要です。一方で豊洲市場予定地をどうするかを考えなければなりません。豊洲市場予定地の扱われ方は江東区民として許しがたい面があります。

0 件のコメント:

コメントを投稿