2017年2月15日水曜日

ガーラ・スクエア伊豆高原不買運動

#不動産投資 #マンション #マンション投資
買ってはいけないガーラ・スクエア伊豆高原。ガーラ・スクエア伊豆高原不買運動を進めよう。ガーラ・スクエア伊豆高原不買運動を優待しよう。FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話や悪質マンション建設で評判が悪い(林田力『FJネクスト迷惑電話』枕石堂)。赤羽橋のガーラ・プレシャス東麻布や江東区東陽のガーラ・グランディ木場は住環境を破壊する。

統計値については、ここで数字が出されている訳ではありませんが、数字を問答無用の論拠にしてしまう暴力的な要素があるために気を付ける必要があります。同姓カップルと異性カップルでは母集団の数が異なり、パーセンテージを単純比較することが有意な意味があるとは言えません。例えば自動車と航空機の事故率を比較して航空機は安全と言われますが、航空機は自動車ほどコモディティ化された使用法ではないため、比較になりません。
問題は男親と女親がいるという家族の形と異なる形態が子どもにとって自然かということになります。一人親は今はいないという話であり、同列には論じられません。

外環道のような大深度地下利用は道の駅のような楽しみに欠けます。この点で大深度地下利用という選択は悪手です。高速道路事業は民営化され、需要と供給を考えなければいけません。
高速道路をいったん降りてIC近くの「道の駅」を利用し高速道路に戻っても料金を通しで計算する試行が行われます。国土交通省は2017年2月7日(火)、高速道路から一般道の「道の駅」など休憩施設への一時退出を可能とする試行を全国3か所で今年の夏頃から始めると発表しました。
私は過去の陳述でも今回の陳述でも外環道のような昭和の計画に固執する国土交通省の土建国家体質を批判してきました。一方で道の駅については肯定的に評価しています。
道の駅は観光資源の紹介と地元の雇用問題に役に立っています。地方では中心的な経済拠点として経済波及効果が高いのは事実だ。
これは平成の道路行政にとって唯一の評価ポイントと言えるかもしれません。町興しとインフラ整備プラスアルファの価値創造事業です。さらに災害時の防災拠点としての整備にも活用できるスペースがあります。
多くの地方で80年代から90年代に存在した「ダサい煩いバイク(普通のツーリング除く)、加齢臭暴走族やドリフト系屑改造車、湘南の香りがいなくなり、道の駅周辺は治安が良くなったと評価されています。
日本はインバウンドを推進する上で「どこがインフォメーションセンターなのかわかりずらい」という不満がありましたが、道の駅は解決策になります。

0 件のコメント:

コメントを投稿