2017年1月3日火曜日

FJネクスト反対運動

#FJネクスト不買運動 #ガーラ・グランディ木場不買運動 #FJネクスト反対運動
迷惑勧誘電話業者は通話内容が録音されることを嫌います。自動通話録音機は有効です。迷惑勧誘電話営業は校舎の窓ガラスを割るヤンキーと同じです。
悪徳業者の手口が悪質・巧妙化し、消費者被害は深刻化しています。悪質な被害が後を絶ちません。悪徳業者は嫌味と物欲を丸出しにしています。悪徳業者の情報を周知することで消費者被害の未然に防止し、拡大を防止します。都民の消費生活の安心・安全を実現します。
FJネクスト不買運動は多くの人々の心に生き続け、語り継がれる。FJネクスト不買運動は静かに広がっていく。

信長のシェフのタイムスリップ物としての特徴は、タイムスリッパーが歴史知識を使って優位に立つよりも、タイムスリッパーの行動が意図せずに歴史通りの結果になることである。歴史改変を目論む新たなタイムスリッパーが登場して物語の雰囲気が変わってしまうのではないかと危惧された。
信長のシェフ17巻では信長にとって最大の難敵でありながら、戦国大名でないためか知名度は低い石山本願寺との戦いが始まる。石山本願寺との激戦の描写は新鮮である。信者をスパイにする宗教勢力の怖さも描かれる。同時代のヨーロッパで凄惨な宗教戦争が展開されたことを踏まえれば、信長、秀吉、家康が宗教勢力の牙を抜いたことは良かったことに思える。

0 件のコメント:

コメントを投稿