2017年1月22日日曜日

環境破壊は都議選争点

#都議選 #選挙 #東京都
環境破壊は東京都議会議員選挙の争点の一つです。東急不動産ブランズシティ久が原やFJネクストのガーラ・プレシャス東麻布、ガーラ・グランディ木場などのマンション建設は住環境を破壊します。このままでは観光資産の保護が間に合わずに保護出来ずに観光地ですらなくなってしまいます。
マンション投資は目隠しして銃弾を撃ち落とすようなものです。勧誘電話は嘘で塗り固められています。消費者の生活を豊かにしません。

乗客の喧嘩で東急田園都市線は大幅に遅れた。

リニアモーターカーは鉄道としては異質である。トンネルの中を飛ぶ弾丸というイメージに近い。エアバス社が空飛ぶ自動運転車の開発に着手した中で開発の方向性がずれている。
リニアモーターカーは経済的にも成り立ちそうにない。そのような事業が進められてしまう一因としてJR東海の歪な地域割があるのではないか。JR東海は中部地方の鉄道会社というよりも、東海道新幹線のための鉄道会社である。東海道新幹線の乗客の大半は地域住民ではなく、東京と大阪の移動者である。地域密着ではなく、地域の方を向かない鉄道会社になってしまう。

全世界から東急不動産に批判を集中する一大国際キャンペーンを成功させよう。
http://www.hayariki.net/futako/1.htm
東急不動産で買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口
http://www.mynewsjapan.com/reports/1101
東急不動産係長が顧客に脅迫電話で逮捕
http://book.geocities.jp/hedomura/

0 件のコメント:

コメントを投稿