2016年12月9日金曜日

投資用マンション不買運動

#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #ガーラ・グランディ木場不買
FJネクストから投資用マンションを買ってはいけない。マンション投資は危機的な状況にある。
ガーラ・グランディ木場は土地利用の実態に合っていない。
ワンルームマンションは夜中に集まって騒ぐなど近所迷惑施設である。色々な悪いことが起きている。ワンルームマンションは全体的に、かなりおかしい。
建設業者は好き勝手やる。土砂を野ざらしにして、粉塵が舞う。石ころが飛び、屋根にぶつかる。高いところから住民を威嚇する。
投資用マンションは「居住していない投資目的の多数の所有者の間で、適正な維持管理の合意と実行がなされるとは到底思えません」(西加瀬住環境を守る会「川崎市の規制強化に背を向ける109戸大ワンルームマンション反対」)
消費者が選択して買えるようになったのだから、買う場所(店・企業)も選択することが好ましい。沢山のプレーヤーがマンション投資で散っている。皆、自分は大丈夫と思っていたのだろう。南無阿弥陀仏。
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告の林田力と申します。私は東急不動産から新築分譲マンションを購入したのですが、隣が建て替えられ、日照や眺望や通風がなくなることを隠して販売された騙し売りでした。
東急不動産だまし売り裁判では東急不動産のために働いた地上げブローカーが暗躍しました。地上げブローカーは告発者の勤務先にまで圧力をかけました。東急不動産自身が圧力をかけないところが嫌らしいです。

立正佼成会附属佼成病院裁判
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/

0 件のコメント:

コメントを投稿