2016年10月23日日曜日

ガーラ大島新築工事不買運動

#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #ガーラ・グランディ木場不買
亡くなっている人がいる。解決ということはない。償いはされるべきであるが、解決はない。
誰もが水俣病である。寝たきりの人だけが水俣病ではない。手足が時々しびれる人は普通にいるが、水俣病と自覚していない。被害を受けていても自覚していない。偏見差別でねじくれている。
冒頭では水俣病裁判の判決が論評される。水俣病患者に厳しい判決であった。判決を言い渡した裁判官は靖国裁判では進歩的な立場だったという。映画では靖国裁判で進歩的な意見を書いたために叩かれて、水俣裁判で反動的になったのどはないかと指摘された。しかし、あらゆる分野に当てはまる進歩的か反動的かの対立軸にはならないのではないか。ある分野で進歩的な人が別の分野で反動的な考えを持つことは十分に考えられる。憲法問題では進歩的でも環境問題では反動的でも不思議ではない。
水俣の魚は危険だから食べるなと言う方が楽である。水俣の魚に関わりたいというのが正直な気持ちである。主義主張ではない。
環境団体の中では少数派である。水俣の魚は危険だから食べるなは普通の住民の生活の中では受け入れられていない。

買ってはいけないガーラ大島新築工事。ガーラ大島新築工事不買運動を進めよう。ガーラ大島新築工事もガーラ・グランディ木場も低層住宅の並ぶ場所に高層マンションを建設する住環境破壊物件である。

FJネクスト・ガーラ・グランディ木場の粗末な仮囲い
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/gala.html
FJネクスト ガーラ・グランディ木場反対 迷惑電話
https://sites.google.com/site/boycottfjnext/

0 件のコメント:

コメントを投稿