2016年10月13日木曜日

ガーラ・グランディ木場は突貫工事

#東陽町 #江東区 #ガーラ・グランディ木場不買
FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd. 8935、東京都新宿区、肥田幸春代表取締役社長)のガーラ・グランディ木場(江東区東陽)は隣接地境界スレスレの約50cmに建設する悪質な投資用ワンルームマンション。一戸建てと同じ感覚で高層マンションを建てることは許されない。
ガーラ・グランディ木場は休日祝日無視で作業する突貫工事。突貫工事は建物の品質もいい加減になりがち。工事車両が強引に前に割り込んだり、急な車線変更で追突事故を誘発することも多い。FJネクストを信用しない。FJネクストと関わらない。FJネクスト迷惑電話を相手にしない。FJネクスト迷惑電話に出ない。間違って投資用ワンルームマンションを購入したら痛い目に遭う。FJネクスト迷惑電話営業はブラックセールス業界でしか生きる手段がないのか。FJネクスト不買運動には、しがらみがない。
https://sites.google.com/site/boycottfjnext/
ガーラ・グランディ木場の仮囲いは粗末である。近隣住民の工事被害を防げるものになっていない。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/gala.html

君の名はFJネクスト不買同盟。君の名はFJネクスト反対同盟。

小口の登録費(年額千円など)を払い、定期的(四半期に一回など)にレターを受け取る。情報発信では無料のメルマガがあるが、紙媒体が実住所に届くということに意義がある。インターネット環境のない人とも繋がれることは大きな価値。名簿の管理や発送に手間がかかる。このために、それを実施できる専従やボラの体制が前提になる。財政面への喜与は大きくない。大口寄付者は必要である。企業の売り上げでも二八の法則と言われており、大口の寄付に依存することは必ずしも不健全とは言えない。

0 件のコメント:

コメントを投稿