2016年10月30日日曜日

ガーラ・グランディ木場不買

#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #ガーラ・グランディ木場不買
買ってはいけないガーラ・グランディ木場。FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話で評判が悪い(林田力『FJネクスト迷惑電話』枕石堂)。

裏社会を描いた小説である。昭和のヤクザ物のような任侠の美学はない。冒頭は格差社会の犠牲者が視点人物になる。彼の救いになる展開であるために、主人公サイドにあまり悪質さを感じさせない構成は巧みであるが、実際はかなりの悪である。生業も堅気に必然的に迷惑をかけるものであり、ヤクザよりも悪質である。暴力的な描写も多い。
このために筋を重んじる任侠物を嫌いでない身には、あまり感情移入できない。ブラック稼業から完全に足を洗いたいと言っても、これまでの所業からすれば虫が良すぎると感じる。但し、本書で描かれるヤクザの世界は親分が器量のある子分を排除しようとする世界であり、最初から仁義はない。
主人公サイドの人物は過去の怨念に直面して若い頃にもう少し「自分」や「生きる」ことを真面目に考えていればと述懐する。それは正しいが、そこでも存在するものは自分だけで他者性はない。
本書の裏社会の人物に感情移入しにくい理由は生き方に華がないためである。幹部クラスの人間がワンルームマンションに住むなど格好よくない。
半グレ・ヤンキーが元ヤクザを複数人で襲ったが、返り討ちに遭う。ここにはリアリティーを感じた。裏社会から離れて数年経つ元ヤクザでも、半グレ・ヤンキーとは格が違う。半グレ・ヤンキーはどこまで行っても、社会の害悪でしかない。

愛知県一宮市の市道交差点で26日、下校中の小学4年生がトラックにはねられ、死亡しました。運転手は「ポケモンGOを使いながら運転していた」と供述しているといいます。警察庁によると、ポケモンGOが原因とみられる交通事故の死者は7月の配信開始以降、全国で3人目です。

0 件のコメント:

コメントを投稿