2016年10月18日火曜日

地理

#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #ガーラ・グランディ木場不買
熊本地震を特集している。熊本城の被害状況の写真がある。熊本城のような広大な城郭では被害状況を正確に把握することが、まず大変であると感じた。
風評被害による熊本の観光への打撃を指摘する記事がある。消費者にはわざわざ大地震が起きた場所に旅行に行かなくてもという感覚があることは否めない。しかし、福島復興支援も同じであるが、消費者が旅行することが現地の助けになる。
興味深い話は、明治時代などは定期的に地震があったが、高度経済成長期以降は統計上地震が少ないとの指摘である。建物が数多く建てられた高度成長期に地震が少ないことはラッキーだったとする。東日本大震災に熊本地震と最近は地震が増えているが、むしろ二十世紀後半の日本列島が異常と考えるべきではないか。これからは高度経済成長の感覚でバンバン建物を建てるべきではないと感じた。
地理の雑誌を読むと地理学の幅広さを感じた。典型的な地理のイメージは関東平野などの地形についての情報である。しかし、本書にはブレキジットの記事もある。英国政治と重なる内容である。各地域の政治、経済、社会、文化も地理学の範疇になるならば、地理学は非常に幅広い学問になる。

10月10日、サッポロポテトベジタブル、サイダー、バターサブレ、あぶり焼きチキン、竜田揚げ、さくうまチキン。952
15日、赤札堂東陽町店。札幌ラーメン味噌味、江戸前寿司盛り合わせ。775
16日、赤札堂東陽町店。マグロたたき、焼き餃子。620
18日、セブンイレブンハートイン博多駅新幹線改札内店。おーいお茶濃い茶。129

0 件のコメント:

コメントを投稿