2016年10月22日土曜日

かがやけ東京の都政報告会

都議会会派かがやけ東京の都政報告会が新宿で開催される。かがやけ東京は先の都知事選挙で小池百合子候補をいち早く応援した注目のグループである。
移転賛成派の生田よしかつさんと移転反対派の中澤誠さんを招いて「激論!どうなる築地移転」を行った。
中澤。使い勝手の悪さは物流コストに跳ね返る。
生田。市場にトラックが入ることが衛生的に問題である。
この議論は面白い。移転賛成派が経済よりも衛生を重視している。移転反対派が事業性を重視している。五五年体制的な価値観では賛成派が事業性を重視し、反対派が安全や環境などコスト増大を求めるイメージがあるが、ここでは真逆である。五五年体制の対立軸で現代政治を見ることが既に時代遅れになったのではないか。
中澤。作ってしまえば、こっちのものという考えを許してはならない。
これは東急不動産だまし売り裁判原告として共感する。

上田令子都議。小池さんが江戸川区内の小規模認可保育所を視察した。赤ちゃんが小池さんの指をくわえた。小池さんは赤ちゃんに「おいしい?」と尋ねた。血の通った政策を出せる人と感じたという。
おときた都議。東京オリンピックは意思決定権者が不明な無責任体制である。ザハ氏はムスリムであり、国立競技場は融和という意味があった。国立競技場白紙撤回は最悪の決断であった。
両角穣都議。小池知事は都民にオープンな姿勢で臨んでいる。来年の都議選がポイントになる。

0 件のコメント:

コメントを投稿