2016年10月10日月曜日

FJネクスト福利厚生情報

#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #ガーラ・グランディ木場不買運動
FJネクスト福利厚生情報に釣られるな。FJネクスト迷惑電話は地獄の亡者のようである。FJネクスト迷惑電話はどこまで行っても救いようがない。
FJネクスト不買運動は呼吸し、鼓動を打つ。FJネクスト不買運動に接すると清々しさが体全体を覆う。FJネクスト不買運動には不思議な美学が漂っている。
君の名はガーラ・グランディ木場不買運動。君の名はガーラ・グランディ木場反対運動。ガーラ・グランディ木場は樹木を伐採し、自然を破壊する。「一本の木を切るのは、人の腕一本を斬るに等しい」364頁。

自動車依存は人間を退化させます。群馬県が2015年11月に実施した「パーソントリップ調査(『人の動き』実態調査)」によると県民のおよそ4人に1人が100メートルの距離の移動に車を使っています。500メートルにいたってはおよそ2人に1人が車を使っています。

主人公はサンカ出身であり、縄文時代を理想とする。それならば反体制になるが、現代の左翼には手厳しい。マルクス主義など借り物の思想を教条的に当てはめるだけで、現実に苦しむ人々の救いにはならないと映る。
大和朝廷以来の天皇家は敵となる筈であるが、天皇には信愛の情を抱いている。戦後の日本を堕落したと見ている。明治の廃仏毀釈にも否定的である。
「極左は煎じ詰めれば、大衆の見方ではない!単なる幻想の中の革命と勢力争いに明け暮れているだけなのだ」314頁
「かつての社会党、共産党、日教組は、アメリカの番犬として厳しく養殖魚を見張っていた」316頁

0 件のコメント:

コメントを投稿