2016年8月18日木曜日

FJネクスト不買運動

#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動
FJネクストは、どれだけ憎んでも憎み足りないほどの業者である。ワンルームマンション投資は精神を不安定にする。FJネクストは弁解の余地なく卑劣である。FJネクスト迷惑電話に同情などしない。共感を覚えることもない。不正で卑劣な悪徳不動産業者を憎まないではいられない。その悪に報いないではいられない。

『ハンニバル戦争』はガリア戦争やアルビジョア十字軍などで敗者を描いてきた著者には珍しく勝者の側であるスキピオが主人公である。スキピオはハンニバルの弟子というエピソードは有名である。スキピオがハンニバルの弟子になろうとした本書の心理描写が面白い。
ハンニバルと言えばアルプス越えが有名であり、兵士に不可能事も可能と思わせるカリスマ指導者というイメージが強い。

FJネクスト仮囲いを外して悪質工事
https://youtu.be/QYiDXWa2krM
エフ・ジェー・ネクスト不買運動jupiter
https://youtu.be/BHwPWOPR8H8
FJネクスト不買運動
https://youtu.be/3kQD-ufMTmE

歴史認識の一致までも相手に要求することは相手に対して高いハードルを求めることになります。そこまで相手に頑張らせることが正当化できるかということです。ブラック企業のパワハラ親父のようになってしまうと反発しか生まれません。
相手を正当に評価された上でのご意見と善意に受け止めますが、どうしても一言述べたいのは左翼教条主義の害悪です。相手の主張を理由も述べずに頭ごなしに否定して自分の意見だけを押し付ける左翼教条主義者がいます。左翼に対する世の中の否定的評価は、この左翼教条主義の偏狭さにあります。戦後の護憲平和運動は共通の歴史認識を基盤にしていたと思いますが、他者性を持ちながら広げていくことは大きな課題と思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿