2016年8月13日土曜日

山梨県小菅村でFJネクスト不買運動

#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動
山梨県小菅村でFJネクスト不買運動の旗を掲げた。足立区の京成関屋駅を出発し、山梨県小菅村に行く。小菅の湯は湯の温度が低く長く入れる。寝湯やごえもん風呂と横になって浸かれる風呂がある。ごえもん風呂には手足を出すと熱が発散して長湯できると書いてあった。露天風呂にはドラえもんの石像があった。女湯にはピカチュウの石像があるという。顧客がゆっくり浸かれるようなアドバイスは事業者の姿勢として素晴らしい。硫黄の湯は肌がスベスベする感覚になる。
中央自動車道を八王子で降りた。青梅市では吉川英治記念館の隣を通った。かんざしの美術館もある。奥多摩湖はダム湖である。水量が減少していた。東京は高層ビルを林立させるために海からの雲が妨げられてゲリラ豪雨になる。水源地は雨が降らない。ゲリラ豪雨で降った雨はコンクリートだらけのために海に流れてしまう。コンクリート中心の建築を止めよう。高層ビルは減築しよう。
小菅村ではお祭りをしており、神輿が出ていた。奥多摩でも賑やかなお祭りをしていた。

佐藤賢一『ハンニバル戦記』は第二次ポエニ戦争を描く歴史小説である。視点人物はスキピオである。スキピオの目から語られるため、ハンニバルが何を考えているかは分からない。ハンニバルが有能なのか無謀なのかも分からない。今日ではファビウスの消極戦術は賢明であったと評価されるが、当時は不満噴出であったことが描かれている。

0 件のコメント:

コメントを投稿