2016年8月16日火曜日

立正佼成会と統一教会の接点

インターネット動画放送局・日本海賊TVは2016年8月5日に「金八アゴラ」を放送し、立正佼成会と東京都知事選挙の問題や統一教会の接点を取り上げた。コメンテーターは田淵隆明氏、石川公彌子氏、山内和彦・元川崎市議会議員、林田力。遅れて大津けい氏。司会は須澤秀人・日本海賊党代表。番組では東急プラザ銀座で閑古鳥が鳴いている問題も取り上げた。

前回の番組では東京都知事選挙で増田寛也候補が当選すると予想されたが、見事に外れた。それでも小池百合子都知事の在任期間は短いのではないかと予想された。カイロ大学卒業に対する疑念を指摘する。自民党は東京選挙区選出の丸川珠代参議院議員を次の都知事候補にするのではないか。左翼は安倍晋三首相と小池知事が仲良しと思っているが、小池知事は石破派である。「左翼の眼鏡をかけて見ると、正しいものが見えなくなる」という名言が番組から飛び出した。

番組では立正佼成会の票が小池百合子候補に流れたと指摘された。指令が出ていたとまで指摘された。選挙戦最終日に立正佼成会看板の蓮舫参議院議員が鳥越俊太郎候補を応援するなど方針転換したが、既に期日前投票で小池氏に投じられており、大勢は決していた。背後には、蓮舫氏と若狭氏の綱引きがあった。

立正佼成会は安保法制に反対している。「すべての命をまもるために 〜絶対非戦の誓い〜」「安保法案成立を受けた緊急声明」「私たちの切実」という声明文を出している。立正佼成会の声明文は左翼が喜びそうなことが書かれている。そのような立正佼成会が小池候補を利したことは自己矛盾ではないか。教団分裂の原因になり得るのではないか。表向き綺麗なことを言っても組織の実態は異なるのではないか。立正佼成会付属佼成病院では小児科医の過労自殺が起きている。ブラック企業体質がある。
http://hayariki.net/poli/kosei2.html
番組では立正佼成会が左翼の顔をした極右ではないかとも指摘された。日本の統一教会(世界基督教統一神霊協会)の初代会長の久保木修己氏は立正佼成会の会員で、庭野日敬会長の秘書を務めていた。庭野会長は青年部員に統一教会の教えを学ばせていたが、久保木氏ら青年部員50名ほどが統一教会に改宗したとされる。

Boycott Gala Vista Nerima (Japanese Edition) eBook Kindle
https://www.amazon.com.br/dp/B01GYVZ7RO

0 件のコメント:

コメントを投稿