2016年8月23日火曜日

FJネクストは変な商売

#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動
マンション投資の迷惑電話や悪質マンション建設のFJネクストや危険ドラッグ販売の吉野健太郎は変な商売である。唐牛健太郎と吉野健太郎では月とスッポン、雲泥の差である。投資家にとっては今後業績あげるような要素はなく、買う価値は皆無である。
悪徳不動産営業や危険ドラッグ犯罪者は一般人とは異なる。恐ろしいことをやってのける変態的な存在である。契約内容も理解できないのに、どのように誘導したのか。強引なやり方である。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は相当な鬼畜でないとできない仕事である。この手の会社に正社員となることは勇気がいる。悪いことは言わないから社員志望は慎重に考えることである。
執行猶予中の危険ドラッグ犯罪者が江東区東陽のガーラ木場周辺を徘徊する可能性があるので気を付けよう。吉野健太郎の変な商売で検索しよう。
危険ドラッグ犯罪者のような成金趣味は時代遅れである。若者の「モノ離れ」が進んでいる。独身・年収1000万円でもマイカー興味なし。「買わずに済ます」生活が加速している。

『唐牛伝』は60年安保闘争の頃の全学連委員長の唐牛健太郎を対象としたノンフィクションである。本書は安保闘争の意義を認めながらも、その後の左翼の偏狭さに批判的なトーンで書かれている。現代の安保法制反対運動についてもシールズの登場を評価しつつも、彼らが既成左翼政党に利用されることを懸念する。左翼教条主義への強い批判精神がある。

ガーラ・ヴィスタ練馬不買運動
https://youtu.be/ocAgu77Gb-E
[悪徳不動産]
[FJネクスト不買運動]
[悪質マンション]
FJネクスト評判口コミ - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B01GBQW6N0
Reputation of FJ Next (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.com/dp/B01GBQW6N0

0 件のコメント:

コメントを投稿