2016年7月8日金曜日

FJネクスト不買運動

#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動
FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は悪評が高く、油断も隙もあったものではない。マンション投資には逆風が吹く。これ以上の金融緩和はできない。枯渇を早めてどうするか。
ガーラ・ヴィスタ練馬不買運動
https://youtu.be/ocAgu77Gb-E
ブランズ川口幸町不買運動を優待しよう。

『疵・花形敬とその時代』は他のヤクザの論評もある。親分に反逆して命を狙われる身となったヤクザ石川力夫は、身の安全のために警察に自首して服役した。彼について本書は、警察に庇護を求めるのは「風上にも置けない」男のすることと手厳しい(218頁)。この評価にはヤクザなりの美学がある。この点は半グレ・ヤンキーなどとは大きく異なる。半グレ・ヤンキーが否定すべき社会悪、反社会的勢力である一方で、ヤクザには反社会的勢力でありながら本書のように語られる魅力がある。反社会的勢力ながら、ある種の清々しさがある背景には花形が属した安藤組が薬物を禁止していたこともある。

安全保障政策について折角、具体的な提言がなされましたが、議論が進まないてころに左派左翼市民運動の弱点があるように思います。
戦後日本の平和運動は、純粋に平和が好きで戦争が嫌いという主観的な思いが強いのだと思います。だから安全保障政策について真面目に考えるということ自体が受け付けられにくいのでしょう。そのようなことを考えること自体が一方的な譲歩に映るのかもしれません。
平和主義の立場から安全保障政策を論じる立場かあっていいように、平和愛好という立場からの平和主義も否定はできません。しかし、現役世代らに広げるという問題意識に立った場合に、それでいいかという点は考える必要があるように思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿