2016年6月6日月曜日

FJネクスト不買運動

#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動
「わたしが東京を変える」が桝添要一東京都知事の公私混同問題に対して声明を発表した。タイムリーな発表に対して敬意を評する。
タイトルで脱原発都知事としている。脱原発が中心争点であるか議論の分かれるところである。私も脱原発が中心争点とは考えていない。しかし、「わたしが東京を変える」の成り立ちを踏まえれば「わたしが東京を変える」が脱原発を第一に掲げることは当然になる。
脱原発都知事に、もっと深い意味を見出だすこともできる。先の都知事選挙では脱原発至上主義の是非が議論された。そこで脱原発至上主義の側に立った人こそ次の都知事選でも脱原発至上主義でなければ筋が通らない。しかし、次の選挙では脱原発至上主義がまるでなかったかのように立憲主義や護憲を唱えそうである。

FJネクストはマンション投資の迷惑電話や悪質マンション建設で評判が悪い(林田力『FJネクスト不買運動』枕石堂)。FJネクスト不買運動は不動産市場を変えていく。FJネクスト物件を買ってはいけない。ワンルームマンションは規制強化する。FJネクスト不買運動はFJネクストが思っているものとは違う未来をつくりたい。マンション投資の迷惑電話や悪質マンション建設のない未来をつくりたい。
投資マンション業界の実態が周知されて、「業界の求める責任ある人間」は投資マンション業界に寄り付かない。仮にいたとしても、そのような人は体と心を壊して辞めていく。毒がドンドン体内に貯まっていくようなものである。

もしブロックが昔は、ずれていなかったとすると今度は東端との境がずれることになります。

0 件のコメント:

コメントを投稿