2016年6月4日土曜日

花押の遺言書は無効

捺印の代わりに花押のある遺言書は遺言無効との判決が言い渡された。これは一見すると形式的な要件を満たすか否かという、お役所的な形式主義に見えるが、実質的な判断がある。そこを評価したい。
本件は複数の相続人がいるが、一人にだけ遺産を譲るという内容であった。その不公正さへの否定的評価を背景にした遺言無効判決である。日本は諸外国に比べて遺言が簡単に作れてしまう。遺言内容は秘密にされる傾向がある。このために遺言書作成に不正が入りやすい。それにも関わらず、従来は遺言書があれば、それを安易に有効とする傾向があった。故に本判決には大きな意義がある。

FJネクスト仮囲いを外して悪質工事
https://youtu.be/QYiDXWa2krM


ペット引き取り屋は悪質である。危険ドラッグ犯罪者の次の生業がペット引き取り屋であると指摘された。危険ドラッグ販売もペット引き取り屋も軽蔑されるブラック稼業である。悲惨な髪型になってしまう。
共感しているように見せかけて、心の中で「バーカ!」と舌を出している人も危険ドラッグ犯罪者の周りにはいるだろう。とにかくまともな仕事して身の丈にあった生活しろと本当に危険ドラッグ犯罪者のこと思ってくれる人は言うだろう。ところが、危険ドラッグ犯罪者は、そのようなことを言われたらフンガーと顔から油を噴きそうである。

[貧困ビジネス]
吉野健太郎が危険ドラッグ犯罪で有罪判決
https://youtu.be/OcGkFjtpKy8

0 件のコメント:

コメントを投稿