2016年6月18日土曜日

東京都知事選緊急会議

希望のまち東京in東部は2016年6月18日(土)、都知事選緊急会議を東京都江東区の希望のまち東京in東部事務所で開催した。論点は何を最優先にするかである。希望のまち東京in東部の出発点である政策の追求を優先するか、野党共闘・市民派統一を優先するか。

宇都宮健児氏は二回選挙に闘って、政策もしっかりしている。現実に有力な候補が見当たらない。時間がない。野党四党の政策合意も、もっと入れてほしいものもある。清貧な候補者がいい。宇都宮健児氏はサラ金や貧困ビジネスと闘った。宇都宮健児氏は清廉である。今度はタレント候補ではダメである。初めて宇都宮健児さんを新鮮に感じる都民は多いのではないか。「そうなのか」と思う人も多いだろう。

希望のまち東京in東部は政党で宇都宮氏を応援したのではなく、政策で宇都宮氏を応援した。都知事選の投票率は下がるのではないか。四野党は報道を見ている限り、都知事選でも四野党共闘の方針に見える。

但し、蓮舫参議院議員の可能性は消えていない。毎日新聞は出馬しないと報道したが、朝日新聞は蓮舫氏擁立と見出しに書いている。アドバルーン記事である。蓮舫は女性初の東京都知事になりたがっているのではないか。アメリカのヒラリー・クリントン大統領候補のように。民進党執行部が抑えようとしている。

蓮舫氏が四野党の統一候補になる可能性は低い。民進党色が強い。仮に統一候補になっても応援したくない。「蓮舫では」と議論しているならば宇都宮健児氏はどうかと言いたい。具体的な名前を出すならば宇都宮健児さんしかいない。それはフライングでもなんでもない。

22日までに都知事の候補者を出せと政党に出すことはどうか。四野党共闘は皆が歓迎するが、決まるのかが問題である。参院選公示前に都知事選候補者の顔ぶれが決まらないと。政党に任せていたら、政党としては参院選が最優先であり、参院選後になるのではないか。それでは都知事選を棄てるようなものではないか。選挙はギリギリになってワーワーやってもダメである。

四野党共闘では脱原発はどうなるか。四野党共闘では脱原発は消えるのではないか。知事が四年間でできることとして自然エネルギーの普及拡大にとどめることはありか。運動的には脱原発が原点くらいの思いがある。福島以前に中越地震の柏崎原発事故は危機的であった。原発と戦争はセットである。

前回の都知事選では民主党は細川護煕候補を応援した。連合は舛添要一候補を応援した。舛添要一は遠距離介護という虚偽のイメージを打ち出した。全部が全部プロフェッショナルはあり得ない。一般人の感覚でいい。但し、官僚を動かすことは難しい。首長的な手法を持ったリーダーが求められる。

自民党は後出しじゃんけんになるだろう。自民党は地方政治で野党共闘を阻止するために相乗りに乗る可能性がある。しかし、立正佼成会の蓮舫と公明党は相容れない。公明党は都議会野党であることに執念がある。創価学会は東京都知事から宗教法人として認証された。

この時期に三宅洋平氏が参議院議員選挙東京選挙区で出馬したことは謎である。うがった見方として都知事選出馬が本命で、その前の名前を売るつもりではないか。

産経新聞は左翼の発言もシビアに情報収集している。むしろ毎日新聞や読売新聞よりもバイアスがないと言える。デート商法は昔からある。大学のOB会名簿を利用している。宝石やワンルームマンション投資を売りつける。イギリスのEU残留が確定すると経済は安定する。安倍政権も一息つく。
http://www.hayariki.net/tobu/tokyo.html
「次の社会はこうだ」というビジョンを出す。生活協同組合がポイントである。お金をためることに意味はない。ツールとして資金を使う。貯めて安定と考えない。お金は人間性に影響を与える。カップヌードルを食べている人だから安心できる。市民は血が通っていないことはしたくない。日常生活の中から政治を考える。国政よりも地方政治はリアルである。

0 件のコメント:

コメントを投稿