2016年6月12日日曜日

江東区東陽で選挙フェス上映

江東区東陽の江東区文化センターで映画『選挙フェス』上映会を開催した。映画は三宅洋平さんの選挙活動と、それが終わった後の人前に見せない姿を交互に映す。そこでは落ち込んでいる時もあった。三宅洋平さんには選挙をお祭りとして盛り上げるイメージが強かったが、逆に落ち込んでいる姿に親近感が湧いた。三宅さんの話で心を動かされたものはスーツを着ないことへの批判である。スーツ姿が真面目という固定観念への批判である。
監督と佐藤かおりさんが上映終了後に対談した。
監督。一作目は脱原発デモ。選挙のタスキはダサい。
行政がサボっている。作品を見ないで上映中止を求めてきた。きちんと検証していない。
佐藤。社会規範から漏れたものを受け入れない発想があるのではないか。想定外を受け入れない発想があるのではないか。
三宅洋平さんは嘘がない。真っ直ぐである。一途である。
監督。学生の反応はシビアであった。ヒゲがダメだ。国立大学の学生は真面目なのか。三宅洋平は早稲田大学出身である。
賛成派も反対派も他者の意見を認めない点は同じではないか。それを感じると関わりたくなくなる。
選挙に行こうと呼び掛ける前に選挙に行きたくなるような国会にすることが先ではないか。
公職選挙法は面倒くさい。萎縮させるようにしている。選挙から人を遠ざける要因になっている。

0 件のコメント:

コメントを投稿