2016年5月11日水曜日

FJネクストに国民怒りの声を

#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動
マンション投資の迷惑勧誘電話や悪質マンション建設のFJネクスト(エフ・ジェー・ネクスト)に国民怒りの声をぶつけよう。FJネクスト不買運動には偉大な世界史的闘争という名誉がある。
FJネクスト福利厚生に釣られるな。電話営業は不動産投資の素人である。できたらいいなと言ったことを、実現できると解釈してしまう。ますますいかがわしい人物が悪徳不動産営業の先頭に歩み出る。
マンション投資は馬鹿げた思いつきであり、終わりにしなければならない。マンション投資の結果は貧しいものになる。

加藤清正や福島正則らと石田三成の対立ですが、真田丸では最初は、石田治部を嫌っていなかったと描いています。賤ヶ岳では七本槍を差し置いて武功第一とされました。槍働きだけが戦争ではなく、輸送や補給も重要です。石田治部が武功第一とされることは納得するでしょう。しかし、朝鮮の役のように豊臣家の勢力を温存させるためとはいえ、前線の武将の足を引っ張ることをすれば嫌われることも自然の成り行きです。
現場の感覚からすると加藤清正らの方に感情移入したくなります。上から目線で効率的に作業を進めているつもりでしょうが、現場からすると振り回されて無駄無意味な作業をやらされることがあります。現場の人間からすると自分の目の前の作業をきっちりやりたいと思います。これに対して全体から見る人は、各人が各人の作業に取り組むだけでは不満で、余裕のあるところが余裕のないところを補うような全体最適を進めようとします。

0 件のコメント:

コメントを投稿