2016年5月10日火曜日

東陽町駅前でFJネクスト不買運動

#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動
東陽町駅前でFJネクスト不買運動の幟旗が立てられた。9条の会・江東の幟旗やプラカードと一緒である。FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話や悪質マンション建設で評判が悪い(林田力『FJネクスト不買運動』枕石堂)。赤羽橋のガーラ・プレシャス東麻布や江東区東陽のガーラ木場新築工事は境界スレスレに建設する悪質マンションである(林田力『FJネクスト住環境破壊』枕石堂)。FJネクスト利回りに釣られるな。FJネクストへの不満や怒りが蓄積されている。FJネクストに国民怒りの声をぶつけよう。

FJネクスト株式不買運動
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/kabu.html
与力は寄騎とも書きました。戦国時代には寄親・寄子という制度がありました。勢力を拡大している戦国大名は家臣が増え続けます。戦争は部隊で行うものであり、主君と家臣という関係だけでは戦争ができません。そこで譜代の家臣を寄親、新参の家臣を寄子として新参の家臣を譜代の家臣の家臣として組み入れました。徳川家康が武田家家臣を井伊直政配下に組み入れて井伊の赤備えを作らせたことが有名です。但し、この形は譜代の家臣を強大化させます。下克上される危険性を君主自らが増大させることになりかねません。そこで織田信長は与力という形を採りました。前田利家は織田信長の直臣ですが、北陸攻めでは柴田勝家の与力として柴田勝家の指揮命令に従います。柴田勝家は織田信長の権威を背景にする限り、前田利家を指揮できますが、そこから離れたら前田利家に従う義務はなくなります。

慶應義塾大学病院の麻酔医が危険ドラッグ輸入容疑で逮捕された。危険ドラッグ輸入容疑では吉野健太郎も逮捕されている。吉野健太郎は2014年8月に危険ドラッグの原料を中国から輸入したとして逮捕された(「危険ドラッグ5キロ、中国から国際郵便で密輸 男ら4人逮捕 沖縄県警」産経新聞2014年8月26日)。吉野健太郎は危険ドラッグ福井事件でも2014年12月に無許可で危険ドラッグを販売した疑いで逮捕され、2015年1月に危険ドラッグ密売グループに原料を提供したとして再逮捕された(「ドラッグ原料提供の疑い 埼玉の会社役員を再逮捕」産経新聞2015年1月8日)。

0 件のコメント:

コメントを投稿