2016年4月8日金曜日

東急プラザ銀座不買運動

東急プラザ銀座不買運動を優待しよう。買ってはいけない東急プラザ銀座。東急プラザ銀座は地域軽視と批判されている。東急プラザ銀座の店は口にあわないし同じお金を払うならもっと口に合うお店を色々知ってるから一切行かない。
東急不動産が不誠実であることは動かしようのない事実である。ステークホルダー軽視は東急不動産消費者契約法違反訴訟でも批判された(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。東急不動産営業は世間知らず、礼儀知らずである。根本は消費者や住民を見下している。消費者ごとき、住民ごとき。このような他者を思いやる気持ちが欠けていることが問題である。

『青玉は光り輝く』はタイムトラベル物の小説である。1956年にタイムスリップした際は「郷愁を誘うレトロな絵葉書」のような町並みや風俗に主人公は思わず立ち止まって見とれた(206頁)。一方で「カフェ全体にタバコの煙がもうもうとたちこめている」(207頁)と喫煙者が減り、分煙が徹底した現代との相違も感じている。日本でも三丁目の夕日など昔を美化する傾向があるが、現代が進歩している面があることも事実である。

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』 PV
https://youtu.be/9dCCJdH0jw4
東急不動産ブランズシティ久が原問題
https://youtu.be/GudxvMzcZ70
林田力『東急不動産だまし売り裁判』スライドショー
https://youtu.be/Mb2miOQqp6I

0 件のコメント:

コメントを投稿