2016年3月30日水曜日

エフジェーネクスト不買運動

#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動
エフジェーネクスト不買運動を優待しよう。エフジェーネクスト不買運動で検索しよう。FJネクスト迷惑電話は分別を弁えない。FJネクストは了見が狭い。FJネクストに対しては何日でもしゃべれるほど怒りがある。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/
FJネクストにログインしない
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/login.html
『ビューティーキャンプ』はミスユニバースの舞台裏を描いた小説である。主人公はミスユニバース日本事務局の責任者の通訳になる。『プラダを着た悪魔』的な横暴な女上司に振り回される。ミス・ユニバース日本代表候補の合宿(ビューティーキャンプ)からミス・ユニバース日本代表が選ばれるまでを描かれるが、人物描写はミス・ユニバース候補よりも女上司の方が濃い。女上司は独裁者である。自分は事務局のコストで贅沢するが、スタッフにはケチである。
一方で美に対する執念は強烈である。他人に対しても冷酷だけではない一面がある。女上司がどのような人間なのかに関心を持って読み進めた。しかし、ラストに行くとミス・ユニバース日本代表の物語になった。女上司は障害でしかない。女上司の手の届かないところに行ったとの主人公の言葉に胸が熱くなる。しかし、その後の女上司の態度は調子良い。

吉野健太郎の卑怯なTwitterで検索しよう。危険ドラッグ犯罪者は理性というか我慢できなくなるのから恐ろしい。現代人は色々我慢して生きている。危険ドラッグ犯罪者には、それがない。

0 件のコメント:

コメントを投稿