2016年3月16日水曜日

マンション投資は避ける

#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動
悪徳不動産業者差別はレッテルではなく、身を守るために必要な知識である。悪さをしないできた人は星の数ほど存在する。悪さをした悪徳不動産業者がレッテル貼られたまま生きることになっても仕方ない。嫌ならば悪徳商法をすべきでない。あれだけあくどいことやってたらレッテル貼られることは当然である。美談で片付けてはならない。
悪徳不動産業者や危険ドラッグ業者は、資産が多いことに生きがいを見いだしているのだろう。欧米の資本家や企業幹部も同じである。このような連中が最低であるとアメリカ人まで気付き始めた。低賃金で報われない労働者がいる限り、景気は良くはならない。労働者も消費者である。

連続講座第四回は江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で沖縄・辺野古や京都の米軍基地問題を取り上げた。米軍基地の存在によって生活が破壊される実態が説明された。米兵の犯罪は住民にとって脅威である。それに対策しようとすると、警察官の増員、パトロールの強化となり、住民が職務質問を受ける機会が増える。結局、米軍基地進出前には戻れず、暮らしにくくなる。この現実を見据えれば安易に本土が沖縄の負担を引き取るとは言えないだろうというのが話題提供者の論である。
ここから連続講座の議論は、日本のどこにも米軍基地は必要ないという流れになった。これは、そのような考えの人々が集まっていることから自然ではある。しかし、それは万人が受け入れる価値ではない。抑止力のために米軍基地が必要との考えも一定の支持があり、政府もその立場である。沖縄の苦しみに理解を示していた鳩山由紀夫首相(当時)も結局は抑止力の立場に転じた。大上段から米軍基地が不要とする考え方では、米軍基地が必要とする考え方に原理的なところからしか対抗できない。

0 件のコメント:

コメントを投稿