2016年2月28日日曜日

江東区古石場でコスタリカに学ぶ会

軍隊を捨てた国コスタリカに学び平和をつくる会例会が江東区の古石場文化センターで開催された。菱山なほこさんと杉浦ひとみさんが対談した。ゆとり世代。皆で頑張って豊かな時代を築くという、いい時代を知らない。共に生きることの楽しさを分かって欲しい。これが希望で楽しいことであると伝えたい。
杉浦。ハードルを下げることが上手。
菱山。制服でデモすることに驚いた。制服を脱ぐことから考えた。歩くことが多様性を認める運動と思う。それを大人が認めることも立派。心が広い。
杉浦。大人の方が手詰まりになっている。
菱山。平和憲法を実践するためにはコスタリカを学んでいかなければならない。日本の方が脅威である。コスタリカは最先端、平和憲法も最先端である。
杉浦。安保法制の違憲訴訟を準備する。
菱山。総がかり行動の反省点は貧困層と働く世代であった。
杉浦。許せないという感情的な部分がある。貧困層と働く世代が参加しなければ嘘である。
菱山。諦めない精神が権力を乗り越える。野党には不満があっても批判せず温かく見守っていく。
若者の貧困に寄り添っていかなければならない。いくら貧困でも自衛隊に入る以外の手段はある。

FJネクスト不買運動
https://youtu.be/3kQD-ufMTmE

0 件のコメント:

コメントを投稿