2016年1月30日土曜日

FJネクスト不買運動を優待

#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動
FJネクストのような考え方に陥っていることが危うい。FJネクストを取引先として採用してはならない。FJネクスト不採用運動を。
勧誘電話を平気でする人間には性格の悪い奴しかいない。性格の悪い奴しか生き残れない企業なのだろう。勧誘電話隊FJ工作員の性格の悪さは世界一である。
FJネクスト不買運動お土産を優待しよう。FJネクスト反対運動お土産を優待しよう。FJネクスト擁護工作員はFJネクスト不買運動をクレーマーと非難するが、FJネクスト擁護工作員はFJネクスト不買運動に対するクレーマーである。悪徳不動産業者の以下の特徴が当てはまる。
・自分の非を認めず聞き苦しい言い訳をする
・何があっても責任を取らず他人のせいにする

STAP細胞論文の著者だった小保方晴子・元理化学研究所研究員(32)が「あの日」と題した手記を出版する。

国政マターは地域利害と無縁ではありません。たとえば裁判所をどこに設置するかは地域利害と関係します。たとえば国会議員が全て関東出身で、関西出身者がいなかった場合に関西住民の利便性は適切に考慮されないでしょう。人間は神ではなく、自分の関心領域に片寄ります。全国民の利益を考えるなどというものは欺瞞でしかありません。
戦後日本において、地方の声を強くすると無駄な公共事業が増えてしまうという点は大きな問題です。しかし、それは地方の声が中央に反映されることが問題ではなく、地方の声が適切に代表されていないことが問題です。利権を狙う醜い土建屋の声ばかりが政治の世界で通ることが問題であり、それは国政も地方政治も同じです。

FJネクスト・ガーラ木場不買運動
https://youtu.be/w9oMSUQAvuE
FJネクスト住環境破壊Take Me Home
https://youtu.be/GcgBK_QGGjs

0 件のコメント:

コメントを投稿