2015年7月30日木曜日

林田力・FJネクスト迷惑電話

#マンション #投資 #悪質商法 #悪徳商法
エフ・ジェー・ネクストのWikipediaには「ワン切りします。迷惑電話です。こういった業者の撲滅が早急に望まれます」と報告された。迷惑電話は風俗を乱す。マンション投資は家計簿を壊す。マンション投資は破滅に向かう底無し沼のスパイラルである。仕事など手につくはずもなく、嫌なことばかりが頭の中を駆け巡る。悪質な迷惑勧誘電話は社会問題になっている。投資用ワンルームマンションは風俗を乱す。エフ・ジェー・ネクストは反社会的である。
林田力『FJネクスト迷惑電話』(AmazonKindle)はFJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd. 8935)などのマンション投資の迷惑勧誘電話の問題を取り上げる。執拗な投資用マンションの営業電話が社会問題になっている。FJネクストはnuisance callerである。
FJネクストはガーラ東麻布新築工事やガーラ木場新築工事で境界線ギリギリにマンションを建築し、住環境を破壊する。ガーラ木場新築工事の解体業者・環匠(埼玉県川越市)は石巻市アスベスト飛散事故の原因業者である。迷惑電話で消費者にブラックな不動産業者と近隣住民にブラックな不動産業者は重なる。

マンション投資は家計簿を壊す
マンション投資の家賃保障の嘘
マンション投資とブラック企業
マンション投資勧誘電話カルト
マンション投資の話題は禁止
投資用マンションだまし売り
投資用ワンルームマンションは風俗を乱す
FJネクスト迷惑勧誘電話はスレからし
FJネクスト勧誘電話と特定商取引法
FJネクスト迷惑勧誘電話に反論
FJネクスト迷惑電話の撃退法
FJネクスト勧誘電話はストーカー
FJネクスト・グループへの注意
FJネクストのマンション投資失敗談
FJネクスト不買運動
FJネクスト反対運動
FJネクスト・ガーラ新築工事建築紛争
ガーラ東麻布建設反対運動
ガラステージ南大塚で建築紛争
ガーラ・プレシャス木場の話題は禁止
ガーラ・グランディ東大島不買運動
ガーラ・レジデンス綱島リバープレイス
ガーラ・グランディ東陽町不買運動
ガーラ・グランディ小竹向原の話題は禁止
グランド・ガーラ門前仲町
ガーラ・シティ亀戸の話題は禁止
ガーラ・レジデンス戸田公園サクラガーデン
ガーラ・レジデンス戸田公園セントラルスクエア
近隣対策屋
FJネクストがアスベスト飛散の環匠を解体業者に

【書名】FJネクスト迷惑電話/エフジェーネクストメイワクデンワ/FJ NEXT Nuisance Calls
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation. Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win" and "The Opposition Movement against FUTAKOTAMAGAWA Rise."
【出版社】枕石堂/Makuraishido
【既刊】『二子玉川ライズ反対運動』シリーズ、『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『貧困ビジネスと東京都』『危険ドラッグは風俗を乱す』など。

迷惑勧誘電話のFJネクストのガーラ・グランディ小竹向原は買ってはいけない。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/kotake.html

希望のまち東京in東部第56回市民カフェ「安保法案反対」

希望のまち東京in東部第56回市民カフェ「安保法案反対」
希望のまち東京in東部は2015年7月30日、希望のまち東京in東部第56回市民カフェを東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。今回は各地の安保法案反対運動の振り返りである。

報道などでは安保法案としているため、「安保法案反対」と言った方が分かりやすいのではないか。「戦争したがる総理は止めよう」は分かりやすい。安倍首相はアメリカへの協力ばかりを言っている。沿道の人々は「何かな」くらいは思ってくれたのではないか。

東陽町と亀戸とコースを二つに分けたことで区内各地にアプローチできた。ツイキャス中継は大変であった。機材が重たい。コールで漢語が多いと硬くなる。柔らかくした方がいい。シュプレヒコールの内容は大事である。沿道の人がひいてしまう。「シュプレヒコール」は止めた方がいい。やりたいという子どもにやらせることがいい。無理やりやらせることは良くない。

高須クリニックの高須克弥院長の発言は酷い。「赤ん坊まで猛暑日炎天下のデモに連れてくる馬鹿母!父親は何してる?制止しろよ」などとツイートした。言葉遣いが悪い。女性を相手に商売をしているとは思えない。ブラック企業経営者はチンピラ・ヤクザと変わらない。

ネット右翼は気持ち悪い。ワンパターンである。言っていることが決まっている。相手にしない、反応しない方がいい。相手にされると喜ぶ。ヘラヘラ笑いながらやっている。

デモではなく、パレードという位置付けが良い。神輿やジュゴンバルーンが出た。手作りのプラカードが多かった。昔のやり方をやっていると戸惑いがあるだろうが、段々と変わっていく。かっこ悪い、怖がれているということを知らない人もいるのではないか。

荒川区では7月12日にオールあらかわアクションを開催し、400人が集まった。元自民党など幅も広い。インターネット発信が積極的でないことが残念である。荒川区は市民運動が活発である。7月22日には福島みずほ下町応援団が町屋で開催された。

希望のまち東京in東部は7月23日、葛飾労組連準備会「安保法制反対!労働法制改悪反対!」集会・デモに幟旗を持って参加した。足立区では7月24日に「戦争法案を認めない!足立区民集会&パレード」が開催された。希望のまち東京in東部は幟旗を二本持って参加した。日本共産党、民主党、維新の党、無所属の区議が参加した。真山勇一参議院議員(維新の党)も参加した。組織動員もあったが、市民参加も多かったのではないか。

江東区では「戦争法案ぶっ潰せ江東行動1000人パレード」が2015年7月25日に開催された。猫のキャラクターは良かった。実行委員会は個人の集まりである。江東区は独特の政治風土がある。アバウトの進め方になった。アバウトは面白い。市民運動は統一されていなくていい。紙皿作りは盛り上がった。世間話をしながら作ることもいい。

若い人も参加して欲しい。高校生の動きもある。旗はダサいと言われるかもしれない。持ちやすいものがいい。自由に工夫する。英語のプラカードはあった方がいい。外国人にも伝える。

豊洲は江東区の中でも別個の地域である。母親層が多い。子どもの目をひくもの、音楽をかけるといい。トトロの音楽を流す。何をやっているかと関心を持ってもらう。江東区砂町でも独自にパレードを行う。神主や医師が参加する。「戦争法案ぶっ潰せ江東行動1000人パレード」にも素敵な横断幕を持ってきていた。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe56.html
若者を呼ぶならば就職問題やブラックバイトも取り組みたい。希望のまち東京in東部の主テーマである。最終的には経済である。アベノミクスは怖い。無理を重ねている。薬で動かしている。借金が増えている。ゼネコンが儲かれば野となれ、山となれである。無責任である。

東京電力は電気代を上げながら原油安で利益を上げている。国民は我慢を強いられている。東北を放置して自分達は利益を上げている。集団的自衛権の根拠として砂川判決を持ち出すことは法理論的に無理がある。

ワンルームマンションが建設されて、住環境が破壊される。利益優先で境界線ギリギリに建設する。住民は住環境のことで何も言えない。FJネクストという迷惑勧誘電話で悪名高い企業である。「老後のために」「節税になる」などの詐欺商法を電話でしている。不健全な景気回復は嫌になる。暮らしている人の景気ではない。悪徳不動産業者の懐に入るだけである。「後は野となれ、山となれ」である。
History Book Reviews The Suit TOKYU Land Corporation Fraud (Japanese Edition) Kindle Edition
http://www.amazon.com/dp/B0124W5R54/

危険ドラッグ対策は陸上だけでは

#危険ドラッグ #危険 #ドラッグ #脱法ハーブ
危険ドラッグ原料は主に中国から輸入されている。たとえば吉野健太郎は危険ドラッグ原料を沖縄経由で輸入したとして逮捕された。危険ドラッグ犯罪の監視は陸上だけでは不十分である。危険ドラッグ犯罪者の更正にはハードルがある。
危険ドラッグは風俗を乱す(林田力『危険ドラッグは風俗を乱す』アマゾンKindle)。危険ドラッグにNOである(林田力『危険ドラッグにNO』アマゾンKindle)。

2015年7月29日水曜日

髪型で危険ドラッグ輸入

#危険ドラッグ #危険 #ドラッグ #脱法ハーブ
危険ドラッグ原料は主に中国から輸入されている。たとえば吉野健太郎は危険ドラッグ原料を沖縄経由で輸入したとして逮捕された。危険ドラッグ原料密輸の方法として髪の毛の中に隠す方法がある。髪型で誤魔化す方法である。危険ドラッグ犯罪の知られざる実態を明らかにする。
危険ドラッグなど薬物犯罪に厳罰を求める声は大きい。吉野健太郎の執行猶予は正しかったか。告発者に逆怨みするために執行猶予制度が存在する訳ではないことを吉野健太郎は理解する必要がある。
危険ドラッグは、その名の通り危険である。安全などあり得ない。危険ドラッグは倫理に反する。危険ドラッグは風俗を乱す(林田力『危険ドラッグは風俗を乱す』アマゾンKindle)。危険ドラッグにNOである(林田力『危険ドラッグにNO』アマゾンKindle)。文学は危険ドラッグによって社会が被った傷を物語として提示する。危険ドラッグは人間の未来に傷を生む。

FJネクストのウィキペディア

#マンション #投資 #悪質商法 #悪徳商法
エフ・ジェー・ネクストの勧誘電話の悪質さはWikipedia(ウィキペディア)にも書かれている。迷惑電話の業者として知れ渡っているという。
ニッテイやクラシコなどと比べてもエフ・ジェー・ネクストは悪質である。主に地方の住民をターゲットとしているためである。物件の所在地の土地勘がなく、頻繁に確認できない地方住民にマンション購入を勧誘する。

FJネクスト・ガーラ東麻布新築工事建築紛争
https://www.youtube.com/watch?v=sXonyAcM8IU

2015年7月28日火曜日

ガーラ・プレシャス木場の話題は禁止

#マンション #投資 #悪質商法 #悪徳商法
迷惑勧誘電話のエフ・ジェー・ネクストによるマンション投資の話題は禁止すべきである。ガーラ・プレシャス木場の話題は禁止である。エフ・ジェー・ネクストの迷惑電話を忘れてはいけない。エフ・ジェー・ネクストの勧誘電話の悪質さはWikipediaにも書かれている。ニッテイやクラシコなどと比べてもエフ・ジェー・ネクストは悪質である。主に地方の住民をターゲットとしているためである。物件の所在地の土地勘がなく、頻繁に確認できない地方住民にマンション購入を勧誘する。
ガーラ東麻布新築工事やガーラ木場新築工事の住環境破壊を忘れてはいけない。投資用ワンルームマンションは尊厳ある住まいではない。エフ・ジェー・ネクストは消費者や住民を絶望の淵に追いやっても責任は転嫁する。
エフ・ジェー・ネクスト不買運動を。何を買うかは消費者が決めることである。エフ・ジェー・ネクスト不買運動の原則は金儲け優先の資本主義ではない。エフ・ジェー・ネクストは不道徳である。エフ・ジェー・ネクストに住民を思いやる心はない。不公平に対する感受性が欠けている。

FJネクスト・ガーラ東麻布新築工事建築紛争
https://www.youtube.com/watch?v=sXonyAcM8IU
迷惑勧誘電話のFJネクストのガーラ・グランディ小竹向原は買ってはいけない。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/

2015年7月27日月曜日

ガーラ・シティ東陽町の話題は禁止

#マンション #投資 #悪質商法 #悪徳商法
迷惑勧誘電話のエフ・ジェー・ネクストによるマンション投資の話題は禁止すべきである。ガーラ東陽町の話題は禁止である。エフ・ジェー・ネクストは買ってはいけない。エフ・ジェー・ネクスト不買運動を。エフ・ジェー・ネクストは迷惑電話ではなく、真っ当な商売をすべきである。
エフ・ジェー・ネクストのマンション建設は住環境を破壊する。家が揺れる。揺れることは心配である。土曜も大騒音で工事を進める。ガーラ東麻布新築工事やガーラ木場新築工事は境界線ギリギリに建設する非常識なマンションである。エフ・ジェー・ネクストの住民説明会は不十分である。どのような杭を打つのか説明がない。どこに杭を打つのか書いていない。資料は不十分である。普通は平面図に書いてある。地下の図面もない。工事の説明になっていない。ちぐはぐである。
エフ・ジェー・ネクストはルールに乗っ取っているとしか言わないが、行政のルールは最小限のものということをエフ・ジェー・ネクストは理解していない。みすぼらしい説明である。エフ・ジェー・ネクストのマンション建設現場では工事予定表を更新していない。作業員の私語がうるさい。

ガーラ・シティ東陽町の話題は禁止

#マンション #投資 #悪質商法 #悪徳商法
迷惑勧誘電話のエフ・ジェー・ネクストによるマンション投資の話題は禁止すべきである。ガーラ・シティ東陽町の話題は禁止である。ガーラ・グランディ東大島の話題は禁止である。勧誘電話は評判が悪い。エフ・ジェー・ネクストの勧誘電話の悪評はWikipediaにも書かれている。
エフ・ジェー・ネクストの営業電話は人間の負の側面をありのままの姿で映し出す鏡になっている。エフ・ジェー・ネクストで買ってはいけない。マンション投資は家計簿を壊す。ワンルームマンションは風俗を乱す。真夏は何とも言えず異様に臭い。エフ・ジェー・ネクストは消費者から見れらているという意識が足らない。消費者は、そこをチェックしている。そのあたりがブラックになる企業とならない企業の違いである。エフ・ジェー・ネクストの住環境破壊によって、心に深い傷を負ってしまった人、結果的に命まで落としてしまった人もいるだろう。これを笑って誤魔化すべきではない。

2015年7月26日日曜日

9条の会・江東に書籍寄贈

9条の会・江東に以下の書籍を寄贈いただきました。ありがとうございます。
豐下楢彦『集団的自衛権とは何か』岩波新書、2007年
豐下楢彦、古関彰一『集団的自衛権と安全保障』岩波新書、2014年
柳澤協二『亡国の集団的自衛権』集英社新書、2015年
嘉納小吉他『反戦平和の手帖』集英社新書、2006年
松元雅和『平和主義とは何か』中公新書、2013年
河内孝『誰も語らなかった日米核密約の正体』カドカワ、2014年
半田滋『日本は戦争をするのか』岩波新書、2014年
伊藤真訳『現代語訳日本国憲法』ちくま新書、2014年
伊藤真『憲法の力』集英社新書、2007年
阿部浩己他『戦争の克服』集英社新書、2006年
太田光、中沢新一『憲法九条を世界遺産に』集英社新書、2006年
憲法再生フォーラム編『改憲は必要か』岩波新書、2004年
田英夫『特攻隊と憲法九条』リヨン社、2007年
松竹信幸『集団的自衛権の深層』平凡社新書、2013年
松竹信幸『憲法九条の軍事戦略』平凡社新書、2013年

東急電鉄の渋谷駅が水没

#東急 #渋谷 #災害 #東急電鉄
東急電鉄は「東横線・田園都市線渋谷駅コンコース冠水に関するお詫び」を2015年7月24日に発表した。24日午後4時ごろ、東京都心などを襲った強い雨の影響で、渋谷駅(渋谷区)の地下街が浸水し、東口バスターミナル近くの9番出入り口が封鎖された。
渋谷駅は不便になったと評判が悪かったが、災害にも脆弱であった。世田谷区玉川の二子玉川ライズも水害の危険性が指摘されている。住民の安全を考慮しない東急の体質が浮き彫りになる。
東急の開発は東急不動産だまし売りと同じく愚かで危険な誘惑である。東急不動産のマンション建設は工事騒音が酷い。「赤ちゃんが眠れなくて困る」と母親から訴えがあったほどである。住民を押さえ込もうとすること自体、批判に耳を傾ける姿勢ではない。東急は迷惑をかけていることを自覚すべきである。新築分譲マンションは時代遅れである。まともな住宅メーカーは既にストック事業に舵をきっている。

 2015年7月24日(金)夕刻の集中豪雨により、東横線・田園都市線渋谷駅構内に雨水が流れ込んだことにより、改札付近が水浸しになり、ご利用のお客さまには大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
 なお、駅構内が濡れ、床が大変すべりやすくなっておりますので、ご注意ください。

2015年7月24日金曜日

東急東横線渋谷駅が水浸しに

東京急行電鉄(東急電鉄)東横線渋谷駅が2015年7月24日午後の大雨で水浸しになった。午後4時頃に駅員が地下の改札付近が水浸しになっているのを確認し、出入口を閉鎖した(「東急東横線渋谷駅 構内の一部が水浸しに」日本テレビ系2015年7月24日)。宮益坂の出入口からは雨水が入り、宮益坂中央改札付近が浸水した。午後6時になっても、水が引く様子はない(「豪雨の影響で東京・渋谷駅で浸水 9番出入り口が封鎖 水浸しに」産経新聞2015年7月24日)。

浸水の対応は原始的である。土のうを使って水が入りこむことを防止している。作業員がモップなどを使用して、たまった水をはき出したり、スポンジで吸い取ったりしている(「東京・渋谷駅の地下改札付近が水浸しに」NHK 2015年7月24日)。

午後4時45分頃には東横線渋谷駅で「人が線路内に入っていくのを見た」との連絡があり、東横線の運転を見合わせた。同線は渋谷—武蔵小杉駅間の上下線で午後5時半頃まで運転を見合わせた(「東急東横線、一時運転見合わせ」読売新聞2015年7月24日)。

東横線渋谷駅は2013年3月に地下化したが、不便になったと不満の声が出ている(林田力『二子玉川ライズ反対運動15風対策プロジェクト』「東急の私物化で渋谷衰退」)。ビッグデータとして、SNSのデータを分析していた東急百貨店は、東横線渋谷駅の地下化に伴う不便について、「東急死ね!」といった声が多くあることに気がついたという(山田祥平「ビッグデータに死ねと言われた東急」PC Watch 2014/2/14 )。

東横線渋谷駅は災害面でも脆弱さが明らかになった。東急電鉄の水害への考慮不足は世田谷区玉川の二子玉川ライズに対しても批判された。住民らは二子玉川ライズが洪水被害を増大させると訴えている。東横線渋谷駅の無策ぶりを見ると住民の主張に説得力が増す。

東横線渋谷駅の設計者は安藤忠雄氏である。安藤忠雄氏は新国立競技場設計コンペの審査委員長として、女性建築家ザハ・ハディド氏の設計案を最優秀とした。このため、Twitter上では国立競技場に絡めた批判が出ている。

「渋谷駅水浸しかぁ。新しい施設なのにデザイン重視で動線も危険回避も全く犠牲にされた駅がこのざまなんだから国立競技場も推して知るべし」

「東横地下改札付近が水浸しだとか。ついこの間、通過したが、実にまあ不愉快な場所だ。しかしそれにしても水浸しとは一体どこの馬鹿野郎が設計したんだろうかね。まさかそんな出鱈目な野郎にまともな仕事発注する所なんかある訳はないよな」
http://www.hayariki.net/tokyu/shibuya2.html
新国立競技場への批判の高まりは、「巨大な建物で国威発揚」という思想の古さへの反発もある。安藤忠雄氏は日本コンクリート工学協会主催で「人からコンクリートへ」と題する講演を行ったほどであり、いかにも前時代的である。二子玉川ライズやブランズシティ久が原など東急の開発も前時代的である。東急は住民無視・消費者無視の体質を改めなければならない。

スターリン秘史

#書評 #歴史 #社会主義 #読書
『スターリン秘史』はソビエト連邦の指導者スターリンの問題を明らかにする歴史書である。スターリンが地上の楽園を建設する指導者ではなく、恐怖の独裁者であったことは広く知られている。本書は、そのスターリンのマイナス像を一層深める書籍である。
スターリンは一時期ナチスドイツと不可侵条約を締結した。ナチスドイツと共にポーランドを分割した。日本とも中立条約を締結した。これは将来のファシズム陣営との決戦を見据えた一時的な方便との解釈がある。これに対して、本書はスターリンがファシズム陣営との世界分割を本気で考えていたと主張する。これは新鮮である。結果からすればヒトラーは滅び、スターリンは生き残った。故にスターリンはヒトラーの一枚も二枚も上手だったと考えたくなる。特に日本人はソ連が大戦末期に中立条約を破って攻めこまれた経験があるために、ソ連のズルさ、卑怯さを考えたくなる。しかし、独ソ戦で大損害を受けたことを考えれば、スターリンが、それほど巧妙だったとは言い難い。スターリンがファシズム陣営との世界分割を本気で考えていたとの主張には説得力がある。
これを日本共産党委員長だった人物が主張していることは興味深い。ファシズム体制と共産主義体制を全体主義体制として同一視する見方は資本主義陣営の保守勢力から唱えられる傾向があるためである。この視点があるからこそ、第二次大戦後の冷たい戦争への突入が正当化される。西ドイツの闘う民主主義もナチスの否定だけでなく、反共としても機能した。日本で反動的と批判されている中学歴史教科書にもファシズムと共産主義体制を同視する視点を有している。このような反共につながる主張を著者のような人物が行うことは大変勇気ある行為である。
ファシズムと共産主義を同一視して共産主義を攻撃する立場への反論としてオーソドックスな手法は、ファシズムと共産主義は違う、共産主義には良いところがあるというものである。しかし、ソ連という実例を考えると、ソ連にも良いところがあるという主張は説得力に欠ける。資本主義を批判しようとする人々こそ、ソ連の問題点に向き合うべきだろう。日本の左翼には文学の題材にもなったスペイン内戦の影響か、自由主義者と社会主義者が手を取り合ってファシズムと闘う統一戦線にロマンを感じる向きもある。
本書の主張は北方領土問題における日本政府の主張にもプラスに機能する。ソ連の道徳的な優位性を否定できるためである。
本書は、このスターリンの世界分割の野心にコミンテルンが利用され、コミンテルン所属の各国共産党が傀儡となったとも指摘する。これも重要な指摘である。現代日本には愛国心などを強調する勢力が実はアメリカ従属を進めているという矛盾がある。この雇われ右翼の問題は有効な批判になるが、これは日本の左翼にも跳ね返る問題である。ソ連共産党や中国共産党の傀儡となった雇われ左翼がいたことも事実である。雇われ左翼の問題を無視して、雇われ右翼を批判するならばダブルスタンダードになる。雇われ左翼の問題と向き合うことは意味がある。

ブランズシティ久が原とFJネクスト

#マンション #建設 #反対運動 #環境
東急不動産のブランズシティ久が原とエフ・ジェー・ネクストのガーラ東麻布は住環境を破壊するとして住民反対運動が起きている。東急不動産もエフ・ジェー・ネクストも住民を無視し、自分の都合だけで物事を運ぼうとする。目先の事への脊髄反射だけで動き、大局的視野や自省がない。東急不動産とどう向き合うかは、東急不動産にとって大きな問題である。エフ・ジェー・ネクストは迷惑営業電話を生業にしている。
クレドの書籍を読んだが、そこで紹介されたクレドは三方よしなど顧客や社会のメリットを謳っているものが多い。ブラック企業とは異なる発想である。クレドは作成よりも運用が大事と主張する。これも表面的な綺麗事ばかりのCSRとは異なる。

FJネクスト・ガーラ東麻布新築工事建築紛争
https://www.youtube.com/watch?v=sXonyAcM8IU

2015年7月22日水曜日

福島みずほ下町応援団

福島みずほ下町応援団がムーブ町屋で開催された。会場からの声には、党首として闘っていただきたいとの声も出た。
福島みずほ決意表明。下町の勢いが爆発した。鉄面皮と戦争法案という言葉が国会で削除要求を受けた。昔の社会党議員も言っていた。今の政治は小さい。ホワイトカラーエグゼプションは二十四時間三百六十五日働かせる法律である。痛みが分からない。安部政権の言葉の使い方はアウシュビッツの「労働は人を自由にする」を連想する。違う現実を見させる。パワハラ政権、洗脳内閣である。よく「この道しかない」と言うが、違う道を選びたい。DVで痛め付け、違う選択をできなくしている。
ナチスドイツの政権獲得前夜と似ている。戦争する社会は自由と民主主義を抑圧する。削除要求は深刻である。私が仮に応じたら、戦争法案との言葉が使えなくなる。言葉狩りになる。
何か変という声を広げていく。人の痛みや悩みや苦しみを考えない。仲間以外の人を人と思わない。集団的自衛権は殺人の共同正犯をする話である。誰が考えても違憲である。違憲を合憲と言うために論理が支離滅裂である。何かと、日本人の命を守ると言うが、個別的自衛権の話である。憲法を変えさせないために頑張る。地べたで頑張っている人々を仲間にする。

ブランズシティ久が原とガーラ東麻布

#マンション #建設 #反対運動 #環境
東急不動産のブランズシティ久が原とエフ・ジェー・ネクストのガーラ東麻布は住環境を破壊するとして住民反対運動が起きている。住民の圧迫感は甚大である。エフ・ジェー・ネクストのガーラ木場新築工事も圧迫感は甚大である。東急不動産もエフ・ジェー・ネクストも近隣対策屋に丸投げする住民無視の姿勢が批判されている。近隣対策屋は息を吐くように嘘を吐く。ブランズシティ久が原もガーラ木場も住民反対運動のウェブサイトが開設されている。ブランズシティ久が原では東急不動産の前言翻しが批判されている。

ガラ・ステーション木場の話題は禁止

#マンション #迷惑電話 #投資 #悪質商法
迷惑勧誘電話のエフ・ジェー・ネクストのガラ・ステーション木場は買ってはいけない。ガラ・ステーション不買運動を。ガラ・ステーション木場の投資勧誘の話題は禁止。マンション投資の話題は禁止。投資用マンションは居住者にも不安定である。借りてもいけない。いくら飾ってみてもエフ・ジェー・ネクストの悪質さは変わらない。マンション投資の悪循環に一度陥ってしまうと抜け出すことは中々できなくなる。
ガーラ東麻布新築工事やガーラ木場新築工事は隣接地ギリギリの非常識なマンション建設が批判されている。エフ・ジェー・ネクストが住民に開かれた形で段階を追って一つ一つ丁寧に議論を行った形跡は伝わってこない。

FJネクスト・ガーラ東麻布新築工事建築紛争
https://www.youtube.com/watch?v=sXonyAcM8IU

反対運動は、できることを全て行うことが望ましいことは言うまでもありません。一方でリソースは有限です。あれもこれも、ではなく、あれかこれかの選択を求められることもあります。

2015年7月20日月曜日

立正佼成会附属佼成病院裁判・第5回口頭弁論

立正佼成会附属佼成病院裁判・第5回口頭弁論

立正佼成会附属佼成病院裁判・第5回口頭弁論が2015年7月15日、東京地方裁判所703号法廷で開かれた(平成26年(ワ)第25447号・損害賠償事件)。母の治療を十分に行わなかったとして、長女が長男夫婦と病院経営組織の立正佼成会に損害賠償を求めた訴訟である。

原告(長女)は「母は半身不随になって車椅子になる。これからは、私が母の世話をして親孝行ができる」と思っていたという。しかし長男夫婦の独断による治療拒否によって、入院から僅か83日で命を絶たれた。治療中の母親に対し、酸素マスクすらつけず、死に至らせたとする。母を見舞うため頻繁に通院し、リハビリにも付き添っていた長女の原告にも治療中止の決定は説明されなかった。

口頭弁論は、これまでは複数の事件と同一時間帯に入れられることが多かったが、今回は本件訴訟のみが審理された。原告は準備書面を陳述した。被告長男夫婦も準備書面を陳述した。

被告病院も準備書面を送付したが、直前に送付されたために裁判所も「読めていない」と述べた。今回陳述することに原告代理人は異議を述べた。そのために被告病院の準備書面は次回提出とされた。被告病院の安田修弁護士は送付が遅れた理由を診療経過一覧表の作成に力を入れたためと述べた。

被告病院は診療経過一覧表も提出したが、裁判長に「通常の形とは違う」と指摘された。原告にデータを渡し、原告が主張の異なる点を表の中に書き加えることを求めた。また、被告病院代理人は、これまでカルテを廃棄したと説明していましたが、PDFファイルとして保管されていることが新たに判明した。

裁判所「診療経過一覧表は通常の形とは異なる。原告にデータを渡し、原告欄を作成し、相違する点を指摘して下さい。被告病院は乙Aの1追加分として提出したが、乙Aの1は調べている。乙Aの2として提出してください」

安田弁護士「カルテを廃棄したと説明したが、PDFとして保管されていた。あるものは全て提出する。前に出したものよりは詳しくなっている」

裁判所「前の証拠を撤回して、今回のものを提出するか。(原告側に)取り調べ済みの証拠の撤回は議論があるが、当事者の同意があれば実務上行われているが、如何か」

原告代理人「内容が変わっているために確認する必要がある」

安田弁護士「失礼した。私は事務員に全て提出するようにと指示したが、追加分だけが提出されていた。当初の扱いの通りとする」

事務員への責任なすりつけは他の事件でも見られる。東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)では書類の不備を突かれた井口寛二弁護士(井口寛二法律事務所)が「女の子が書いた」と言い訳した。「女性従業員に対し、「女の子」という表現を使う井口弁護士は時代遅れの男尊女卑的な発想の人と捉えられても仕方がない」(林田力『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』「井口寛二弁護士の「女の子」発言」)。時代遅れの昭和の人権感覚である。中野相続裁判では弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループが弁護士ではなく担当者に交渉させていると原告から批判された(原告第1準備書面)。

次回の第6回口頭弁論は2015年9月24日(木)10時から東京地方裁判所803号法廷で開かれる。引き続き傍聴の支援をお願いする。

原告は、この裁判で人間の命は平等であること、患者には自己決定権があること、医師には説明義務があることを訴えている。いくら飾ってみても経管栄養の流入速度を速めた悪質さは変わらない。被告のどれほどが原告に問題点を説明し、覚悟を迫ったと言えるだろうか。

生きるに値しない命はないはずなのに、「無駄な延命」という言葉が一人歩きしている。日野原重明・聖路加国際病院名誉院長は「日本を、長寿を悲しむ国にしてはいけない」と語る(「医療界、そして日本への提言」日経ビジネス2015年6月1日号)。「老人を廃車のように扱う国は文明国とは言えません」とも語る(大西康之「103歳の日野原重明氏が講演で「前進、前進、前進」と叫んだ」日経ビジネスオンライン2015年6月1日)。

人間の「命」は平等であり、年齢、健康体、罹患体の隔てなく、何人も侵すことのできない絶対的権利である。患者は、自分の体に何が行われるのかを「知る権利」がある。本件は「命」の自己決定権を侵害された事件であると原告は主張する。

医師は、患者又は家族らから診療の依頼を受けて、患者の利益のために最善の行為を遂行する職責を負う。医師の診療は「善良なる管理者の注意(民法644条)をもって、最も本人の利益に適合する方法(民法697条)」によって実施されなければならない。よって、医師には、適正な注意を払い、患者の利益にとって最適な医療を行う法律上の義務が課されている。
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/kosei5.html
この「患者の利益」として法的保護を受けるべき「患者の自己決定権」の裏面として「医の説明義務」がある。患者の承諾のない治療行為や現実的意思に反した治療行為ばかりでなく、医師の「説明義務」の懈怠も、専断的治療行為として上記の義務に違反し、法的責任を免れないというのが通説・判例である。

すなわち、民法645条に受任者の報告義務が規定されていること、医師と患者は医療に関する知識に圧倒的な差があり、医師法23条が、医師が診療を行ったときには本人またはその保護者に対し療養の方法その他保健の向上に必要な事項を指導しなければならないと規定していること等を根拠にして、診療契約の付随義務として医師の説明義務が法的義務として認められている。

立正佼成会附属佼成病院裁判・第6回口頭弁論

立正佼成会附属佼成病院裁判・第6回口頭弁論

事件番号:平成26年(ワ)第25447号・損害賠償事件
日時:2015年9月24日(木)10:00開始
場所:東京地裁803号法廷(前回とは法廷が変わっています)
「命」と「権利」への侵害として長男夫婦と病院を一緒に訴えた事件です。長男夫婦の独断による治療拒否によって、入院から僅か83日で、命を絶たれました。頻繁に見舞いに通院していた長女にも治療中止の決定は説明されませんでした。患者の命の自己決定権の裁判である。人間の命は平等であり、年齢、健康体、罹病体の隔てなく何人も侵すことのできない絶対的権利です。
傍聴のお願い申し上げます。友人・知人をお誘いして、ご参加ください。転送・転載などにより、多くの方にお知らせください。前回は多くの方に傍聴に来ていただきました。本当にありがとうございました。

人間の「命」は、平等であり年齢、健康体、罹患体の隔てなく何人も侵すことのできない絶対的権利です。患者は自分の体に何が行われるのかを「知る権利」があります。また患者には、法的に保護されている「患者の自己決定権」があります。医師には、患者が自己決定するための「医師の説明義務」があります。患者の承諾のない治療行為は「専断的治療行為」といって法的制裁を受けます。本件は、母親の病状にたいして十分な説明及び治療を行わずに命を絶ったとして、長女が長男夫婦と病院を訴えた事件です。傍聴のお願いを申し上げます。

2015年7月17日金曜日

壊すな憲法!

#江東 #江東区 #戦争法案 #平和
壊すな憲法!許すな戦争法案!
憲法前文や憲法第9条に掲げられている「平和主義」が、いま壊されようとしています。憲法学者である清水雅彦さんに日本国憲法の独自性、戦争法案の違憲性について縦横に語っていただき、許すな戦争法案の声を地域から挙げていきましょう。
清水雅彦さんが憲法を語る市民の声・江東学習会
7月27日午後六時半開始
会場、ティアラこうとう中会議室、江東区住吉
資料代五百円
主催、市民の声・江東
資料準備の都合もありますので事前申し込みをファックスでお願いします。

戦争法案ぶっ潰せ江東行動

#江東 #江東区 #戦争法案 #平和
戦争法案ぶっ潰せ江東行動大集会を江東区東陽で開催する。
第一部
開会ファンファーレ、松平晃
司会者挨拶、重野恵
開会の挨拶、杉浦敏郎・実行委員長
「アベ政治を許さない」のプラカードを一斉に掲げ、全国と連帯します。
宇都宮健児・元日本弁護士連合会会長
休憩
第二部
大空襲と現代の写真・江東区平和都市宣言の映写
東京大空襲被害者の体験、亀谷敏子さん
江東区在住の子育て中のお母さんからの発言

2015年7月16日木曜日

ガーラ・グランディ清澄白河

#マンション #迷惑電話 #投資 #悪質商法
迷惑勧誘電話のエフ・ジェー・ネクストのガーラ・グランディ清澄白河は買ってはいけない。ガーラ・グランディ清澄白河不買運動を。投資用マンションは居住者にも不安定である。借りてもいけない。投資用マンションは値崩れして自転車転倒すると判っていても、マンション業者は自転車をこぎ続けるしかない。それに消費者は乗ってはならない。これからはマンションがババ抜きの対象になる。マンションは供給過剰である。住民の救済、消費者の被害防止、健全な不動産業界の確立のためには皆で協力、本来は業界あげて、悪質業者エフ・ジェー・ネクスト排除をしなければならない。
エフ・ジェー・ネクストはガーラ東麻布新築工事やガーラ木場新築工事で隣地ギリギリに高層マンションを建設する非常識な計画を進めている。エフ・ジェー・ネクストはマンション建設によって、今後住民に犠牲が出る可能性があることを率直に説明しようとする姿勢が見られない。エフ・ジェー・ネクストは住民の被害に向き合う覚悟と責任が著しく欠如していると思われても仕方がない。エフ・ジェー・ネクストに覚悟や責任があれば住民にもっと真摯に向かい合うだろうし、間違っても住民に対して見解の相違で済ませはしない。事実や論理を歪曲して住民を欺瞞しており、信義に悖る。エフ・ジェー・ネクストは説明する姿勢があることだけは示すべきであった。もしエフ・ジェー・ネクストに説明責任を果たそうとする姿勢があれば、もしエフ・ジェー・ネクストに住民に真摯に向き合う姿勢があれば、返す言葉は違っていただろう。
エフ・ジェー・ネクスト問題は住環境が守られることによってのみ解決できる問題である。エフ・ジェー・ネクストのマンション建設は住民に対する急迫不正の侵害である。エフ・ジェー・ネクストの営業電話は消費者に対する急迫不正の侵害である。住民や消費者には不意打ちをくらって処分されたような直接の痛みがある。世の中には絶対に越えてはならない一線があるが、エフ・ジェー・ネクストは、その一線を越えてしまっている。

高齢者治療拒否・中止事件第5回口頭弁論ご報告

いつも高齢者治療拒否・中止裁判のご支援を頂きありがとうございます。
高齢者治療拒否・中止事件の第5回口頭弁論が平成27年7月15日に東京地裁で開かれました。
その内容を報告します。

この裁判は治療中の母親に対し、酸素マスクすらつけず、死に至らせたとして、兄夫婦(長男夫婦)と病院経営団体を相手に提起した裁判です。
http://www.hayariki.net/poli/inherit3.html
第5回口頭弁論では原告と被告長男夫婦が準備書面を陳述しました。
被告病院も期日直前に証拠などを送付しましたが、原告側が異議を提起し、裁判所も読めていないため、次回になりました。
被告病院は診療経過一覧表を提出しましたが、裁判長に「通常の形とは違う」と指摘されました。
原告にデータを渡し、原告が主張の異なる点を表の中に書き加えることを求めました。

被告病院代理人は、これまでカルテを廃棄したと説明していましたが、PDFファイルとして保管されていることが新たに分かりました。

原告は、この裁判で以下のことを訴えています。
・人間の命は平等であること
・患者には自己決定権があること
・医師には説明義務があること
患者の承諾のない治療行為や現実的意思に反した治療行為ばかりでなく、医師の説明義務の懈怠も専断的治療行為として法的責任を免れないというのが通説判例です。

次回の第6回口頭弁論期日は以下の通りです。
日時:2015年9月24日(木)10:00開始 
場所:東京地裁803号法廷
引き続き傍聴の支援をお願い申し上げます。

2015年7月15日水曜日

高齢者医療 治療拒否・中止事件 傍聴のお願い

高齢者医療 治療拒否・中止事件 傍聴のお願い
日時:2015年9月24日(木)10:00開始 
場所:東京地裁803号法廷
損害賠償事件  第6回口頭弁論
 母の治療を十分に行わなかったとして、長女が長男夫婦と病院を訴えた訴訟です。「母は半身不随になって車椅子になる。これからは、私が母の世話をして親孝行ができる」と思っていました・・・。
しかし長男夫婦の独断による治療拒否によって、入院から僅か83日で命を絶たれました。母を見舞うため頻繁に通院し、リハビリにも付き添っていた長女の原告にも治療中止の決定は説明されませんでした。

人間の「命」は平等であり、年齢、健康体、罹患体の隔てなく、何人も侵すことのできない絶対的権利です。患者は、自分の体に何が行われるのかを「知る権利」があります。
本件は「命」の自己決定権を侵害された事件です。
医師の説明義務について
 医師は、患者又は家族らから診療の依頼を受けて、患者の利益のために最善の行為を遂行する職責を負う。医師の診療は「善良なる管理者の注意(民法644条)をもって、最も本人の利益に適合する方法(民法697条)」によって実施されなければならない。よって、医師には、適正な注意を払い、患者の利益にとって最適な医療を行う法律上の義務が課されている。

この「患者の利益」として法的保護を受けるべき「患者の自己決定権」の裏面として「医師の説明義務」がある。

患者の承諾のない治療行為や現実的意思に反した治療行為ばかりでなく、医師の「説明義務」の懈怠も、専断的治療行為として上記の義務に違反し、法的責任を免れないというのが通説・判例である。
 すなわち、民法645条に受任者の報告義務が規定されていること、医師と患者は医療に関する知識に圧倒的な差があり、医師法23条が、医師が診療を行ったときには本人またはその保護者に対し療養の方法その他保険の向上に必要な事項を指導しなければならないと規定していること等を根拠にして、診療契約の付随義務として医師の説明義務が法的義務として認められている。
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/

林田力書評・下町に生きる

#書籍 #書評 #本 #読書
『下町に生きる』は戦前戦中戦後を下町に生きた一家のノンフィクションである。一家にとって大きなインパクトは、やはり戦争である。戦争は市民生活と相容れない。東京大空襲で一家の家は全焼したが、雛人形だけは防空壕で難を逃れた。この雛人形は、現在は江東区北砂の戦災資料センターに展示されている。
一家の父親は商売を営んでいたが、戦時中は統制品となり、自由に商売ができなくなってしまった。それでも商売を続けたところ、警察から追われる身となり、潜伏生活を余儀なくされた。戦争は普通の経済活動でさえ阻害される。
本書には父親の投資のポリシーも述べられている。投資を勧誘する業者が赤の他人のために善意で行動する筈がないと述べる。これは現代の投資用マンション勧誘電話にも当てはまる。強引な迷惑勧誘電話が社会問題になっているが、そのような業者の言いなりで契約しても大損するだけである。

2015年7月13日月曜日

ガーラグランディ森下

#マンション #投資 #悪質商法 #悪質勧誘
迷惑勧誘電話のエフ・ジェー・ネクストのガーラグランディ森下の不買運動を。買ってはいけないエフ・ジェー・ネクスト。ガーラ東麻布では住民反対運動が起きている。FJネクストのマンション建設は人間や環境を壊す。
マンション投資は家計簿を壊す。投資用マンションは出口戦略が成り立ちにくい。投資用マンションは実需がない分、買い手が少なくなる。投資家が買い手だと利回り条件が厳しく高値では売りづらい。実需がいれば「この環境と部屋が気に入った」と言って相場より高値で買ってくれる可能性がある。
勧誘電話被害者からは即断即決を迫るために危険臭感じて断ったけど買わなくてよかったとの感想が寄せられた。最終的にどうするかの出口戦略についても説明がなかったという。

2015年7月12日日曜日

田代まさしの二子玉川盗撮疑惑

田代まさしの二子玉川盗撮疑惑が報道された。タレントの田代まさしは2015年7月6日、東急田園都市線・大井町線二子玉川駅のホームで携帯電話を使って女性のスカートの中を盗撮した疑いが持たれている。玉川署は東京都迷惑防止条例で書類送検する方針を固めた(「田代まさしが二子玉川駅ホームで盗撮の疑い 書類送検へ」東スポ2015年07月10日)。

東急電鉄広報によると、事件現場は二子玉川駅3番ホームである。午後6時40分頃、大井町線上り電車の1、2両目付近で盗撮があった。目撃者からの通報で駆けつけた警視庁玉川署員に田代が盗撮したことを認めた。田代は警察官に連行され、駅の待合室で事情を聴かれたが、逃げる様子も、抵抗する様子もなかったという(「田代まさしまた盗撮…耳にタコができるぐらい不祥事」日刊スポーツ2015年7月11日)。

世田谷区の二子玉川は再開発による風俗の乱れが指摘される。超高層マンション・二子玉川ライズでは飛び降りやアダルトビデオ撮影が行われた(林田力『二子玉川ライズ反対運動7』「二子玉川ライズAV撮影と盛り場の危うさ」)。交通広場は夜にはヤンキーがたむろすると住民から苦情が出ている。

二子玉川ライズは賑わいを目的とした再開発であるが、住民らは住宅地に盛り場の危うさを持ち込むなと批判してきた(林田力『二子玉川ライズ反対運動2』「二子玉川ライズ2期事業の公聴会で住民が公共性を問う」)。田代まさし盗撮は風俗の乱れを再確認させる。
http://www.hayariki.net/futako/tashiro.html
二子玉川ライズだけではない。東急不動産のブランズシティ久が原やFJネクスト(エフ・ジェー・ネクスト)のガーラ東麻布など圧迫感を与える開発は各地で問題になっている。マンション建設によって家族の生活が丸裸にされる。住民不在の開発は地域の未来を殺す。新築マンションがボコボコ建設されていると言っても空き家が目立つ。高層マンション建設は、あまりにも時代遅れである。東急不動産やFJネクストは住民生活の具体的な被害に対応する必要がある。
Koto and Adachi Mayoral Election Articles about Hope Town in Eastern Tokyo (Japanese Edition) Kindle Edition by Hayashida Riki (Author)
http://www.amazon.com/dp/B00Z3SAT0U

2015年7月11日土曜日

シャアの日常

#マンガ #書評 #ガンダム #漫画
『シャアの日常』は機動戦士ガンダムの最も有名なキャラクターと言っていいシャア・アズナブルを主人公としたギャグ漫画である。ガンダムの名台詞が日常生活の中で話されることにニヤリとさせられる。
本書にはシャアの他にもガンダムのキャラクターが出てくる。ガルマは、いい味を出している。ガンダムでは、すぐに退場したキャラクターであるが、シャアとは士官学校の同期である。良くも悪くも関係の深さを感じさせた。
セイラやドズルの存在は残念である。原作とは全く異なる性格になっているためである。原作キャラを日常に置くギャップが面白い。別のキャラクターにしてしまったならば、その味わいがなくなる。SDガンダムのように原作キャラの性格を崩す作品もあるが、これは原作そのもののキャラクターが現代日本で日常生活を営むところが笑いどころになる。

FJネクスト・ガーラ東麻布新築工事建築紛争
https://www.youtube.com/watch?v=sXonyAcM8IU

2015年7月10日金曜日

亀戸に辺野古の海がやってきた!

亀戸に辺野古の海がやってきた!
沖縄への新たな基地建設を許さないために、あなたの力を!
沖縄・辺野古に残された貴重な自然

辺野古・大浦湾は、マングローブ林、干潟、海草藻場、砂場、泥場、サンゴ礁が連続し、やんばるの森から川が流れ込む生物多様性豊かな海。沖縄県自然環境の保全に関する指針で、評価ランク Iの「自然環境の厳正な保護を図る区域」です。環境省「ラムサール条約湿地潜在候補地」でもあり、「生物多様性保全をするうえで重要度の高い海域」として検討されています。

海がつぶされる!
沖縄防衛局は海上ボーリング調査のためと称して臨時制限区域内外の海中に2〜45トンの巨大ブロックを沈め、サンゴ礁を破壊してしまっています。

TAKAE■高江(東村)
「沖縄本島の水がめ」と呼ばれる水源地。天然記念物ヤンバルクイナやノグチゲラが生息し、自然に恵まれた高江では、米軍ヘリパッド6カ所の建設が強行されています。一番民家に近いヘリパッドはわずか400m近く。しかも、事故の多い新型機「オスプレイ」の配備が目論まれています。住民は座り込みで抗議を継続中。

HENOKO■辺野古(名護市)
天然記念物ジュゴン(絶滅危惧種で最高ランクの�A)やウミガメが棲む辺野古沿岸、アオサンゴやハマサンゴの群落が育つ大浦湾。この生物多様性の宝庫を膨大な土砂で埋め立ててV字型の滑走路を持つ巨大な米軍基地が造られようとしています。

HUTEMMA■普天間(宜野湾市)
「世界一危険」といわれる普天間飛行場。辺野古への移設が進まなければ、普天間基地を固定化することになる、と日米政府は脅しています。
http://www.hayariki.net/tobu/henoko.html
日米政府は、沖縄県宜野湾市に位置する普天間基地を同じ県内の名護市辺野古に「移設する」として、普天間基地にはない軍港を追加するなど基地機能を強化した新たな基地建設を強行しようとしています。沖縄県民はこの基地建設を止めるため、あらゆる手を尽くしてきました。新基地建設のための海の囲い込みとボーリング調査を許すまいと、船で中止を呼びかけ、カヌーで抗議活動が行なわれ、それを遠方から駆けつけた県民らが浜で応援しています。米軍キャンプシュワブのゲート前では24時間体制の監視や抗議の座り込みが、県内外の仲間によって取り組まれています。
昨年11月、基地建設に反対する翁長知事が当選、安倍首相に対して「沖縄は自ら基地を提供したことは一度もございません。普天間飛行場もそれ以外の基地も戦後県民が(捕虜)収容所に収容されている間に、(土地が)接収された」のであり、「自ら土地を奪っておきながら老朽化したから、世界一危険だから沖縄が負担しなさい。嫌なら代替案を出せと言われる。こんな理不尽なことはない」と訴えています。
この基地建設に使われるのは、私たちが納めた税金です。辺野古の基地問題は私たちの問題でもあります。江東区での街宣活動に、今後もご注目ください。

持たない幸福論

#本 #書評 #書籍 #読書
『シャアの日常』は機動戦士ガンダムの最も有名なキャラクターと言っていいシャア・アズナブルを主人公としたギャグ漫画である。シャアは記憶を失い、何故か現代日本のアパートで生活している。シリアスなキャラクターであるシャアと日常生活のギャップが笑いを誘う。
ガンダムにおいてシャアは完全に主役を食ってしまった。本来アムロは平凡な少年が戦場という非日常で活躍するという視聴者が感情移入できるヒーローの素質があった。ところが、アムロが属する連邦は腐敗した強権的な官僚機構が幅を利かせる、どうしようもない組織であった。結果として腐った連邦を利することにしかならないアムロの戦いに感情移入しにくい。連邦よりもジオンを応援したくなることは自然な流れである。勿論、ジオンにも問題がある。

『持たない幸福論、働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない』(幻冬舎)はニートによる人生論である。著者は毎日通勤する生活に疑問を覚えてニートになり、シェアハウスで生活している。所謂普通の人とは変わった人生であるが、その主張には共感できるところが多い。
著者の主張のベースには経済的な上昇思考の否定がある。年収何千万円というようなことが個人の幸せを約束するものではない。高額な旅費をかけて海外旅行に出なくても、普段行かない近所の路地を散策するだけでも新しい発見がある。高級レストランで神経を使うよりも、自炊生活が純粋に楽しい。負け惜しみでも何でもなく、純粋に実感できる。逆に自分自身の幸福の価値を持たず、ひたすら経済的上昇を追い詰めるとブラック企業経営者や危険ドラッグ売人のような非道徳的な人間が出来上がってしまう。
その意味では著者が現代を過去よりは相対的にましな時代と評していることは意義深い。確かに貧困や格差は深刻である。しかし、昭和に比べて現代の方が普通でないことへの風当たりが弱まっていることも確かである。昭和に比べれば価値観の多様性が認められている。もし、反貧困などの運動が「新自由主義が日本をダメにした。昭和の日本はよかった」というスタンスならば、普通を押し付ける昭和の日本に息苦しさを覚える人々にとっては運動自体が守旧派に映るだろう。

2015年7月8日水曜日

ガーラ・シティ東陽町

#マンション #投資 #悪質商法 #悪徳商法
エフ・ジェー・ネクストのマンション投資の迷惑勧誘電話は悪質である。ガーラ・シティ東陽町は買ってはいけない。エフ・ジェー・ネクストのガーラ東麻布新築工事は隣接地ギリギリに建設する非常識な計画であるとして住民反対運動が起きている。ガーラ東麻布新築工事やガーラ木場新築工事は残酷で悲惨な計画である。エフ・ジェー・ネクストは傲慢で独善的である。住民説明会はアリバイ作りのように使われている。エフ・ジェー・ネクストのマンション建設の裏には理不尽な扱いを受けた住民がいる。エフ・ジェー・ネクストの近隣対策屋は住民に納得してもらうつもりはなく、自分達が最大限の利益をあげるために建設すると言い放った。消費者や住民の権利を侵害するエフ・ジェー・ネクストは、しきりに自社の『権利』の話をしており、工エエェェ(´д`)ェェエエ工と思った。エフ・ジェー・ネクストには責任感や長期的視野、戦略的視点が欠けている。
マンション投資は成り立たない。マンション投資は計画として破綻している。マンション投資は家計簿を壊す。もし親が勧誘電話に洗脳されてマンション投資を始めようとしたら、親と喧嘩するくらいの覚悟を持って止めなければならない。マンション投資の迷惑営業は国民生活を破壊し、貧困を生む。
このまま進めば現在の住宅の資産価値もなくなるから、ここ数年で売りに出る物件が増える。都心部のマンションは海外の投資家が買い漁ってるから値上がりしてるだけである。

ブラック企業・ブラック士業

#ブラック企業 #ブラック士業 #電子書籍 #アマゾン
林田力『ブラック企業・ブラック士業』(Amazonキンドル)は社会問題になっているブラック企業やブラック士業を取り上げる。ブラック企業やブラック士業の悪は連鎖する。
遊び、サボり、怠け。ブラック企業では効率良く手早く仕事をこなすことを、そのように見なし、わざと本人の能力や特技に合わない 人員配置を実施する。それによって誰もが万能な人間になると思っている。
また、不得意なことをやらせそのせいでしくじるのを待ち構え、しくじったら鬼の首でも獲ったようにミスした本人を叩くことを目的に、わざとしているブラック課長も存在する。
労働者はブラック企業に血を搾り取られてしまう。身体中の体液が凍りつくような緊張を覚える。人間は「ありがとう」と言われるか、社会的な使命感を感じるか、そのどれかがないと仕事に誇りを持てない。ブラック企業にそれがあるのかということをよく考えてから、就職した方がいい。
過労死にしろ強制残業にしろパワハラにしろ、社会を裏切った重大な犯罪である。労働時間をはるかに超えて社員を働かせる。社会を騙して自社の都合と利益だけを追求して営業している。社会からの制裁が妥当である。日本の法律はブラック企業やブラック士業に甘すぎる。ばれなきゃ何をしても良いし、ばれても処分が甘いから次々と発覚する。逮捕者も出ずにのほほんと復活することは問題である。
ブラック士業は何が好きと言って弱いものイジメほど好きなものはない。ブラック士業などブラックな人間は小学生レベルの一行捨て台詞が得意技。多くは学力(特に国語力)が低く、議論が苦手である。自尊心が高く、また敵味方を真っ二つに二分しようとするムラ社会的性向がある。自分達の言動には不備があっても一切拘らないが、少しでも敵と思われるものの不備には一心に噛み付くダブルスタンダードの習性がある。

2015年7月6日月曜日

右翼・左翼

雇われ右翼が本物の右翼とは言えないということは私も書いていますが、それは必ずしも日本固有と言うよりも、反共の連帯として世界史的に説明できるものです。本来ならば民族的独立を最優先にしたいところですが、内なる敵と闘うために外国の支配勢力と手を結ぶ必要が出てきます。その神聖な同盟と闘うためにインターナショナルが叫ばれます。雇われ右翼と同じようにソ連や中国の雇われ左翼も出ました。このように相手の戦術を取り入れることは十分にあります。それを考えられる人とならば理性的に話せますが、自分達の攻撃は良くて相手が同じことをするとダメというダブルスタンダードはいただけません。

高杉晋作については、彼の行動が長州藩にどれだけ損害を与えたか、彼を制御できなかった長州藩のガバナンス不足を冷静に分析する必要があるでしょう。高杉晋作の暴走を評価する風潮が戦前日本の軍部の暴走を許したのではないかと考えます。高杉晋作と安倍首相を並べて前者を評価して後者を貶めることは浅薄な議論です。前者を無条件に賛美する風潮こそ斬り込まなければなりません。左翼で司馬遼太郎史観だとすれば、どうしようもない守旧派になってしまいます。司馬史観では薩摩藩だ、長州藩だということにこだわるよりも日本人意識に目覚めることが進歩とされました。これに対してオール沖縄は日本人である前に沖縄県民であるという意識が勝利しました。天下国家を優先するという、新自由主義者でも持っていない国家意識を捨てなければ、最も古い勢力となってしまいます。

右翼・左翼と不買運動

身勝手な論法と思います。
権力によって弾圧することと、不買運動で市場から淘汰させることは別次元の話です。不買運動を呼び掛けることは市民の活動として肯定できることです。公権力に不買を働きかけることもイスラエル占領地製品の輸入ボイコットなど市民の運動として実例があります。左翼の不買運動は許容されるが、右翼の不買運動は許されないということは、全く筋の通らないダブルスタンダードです。
過去には自分への一切の干渉は拒否すると言いながら、他人には社会人のルールを云々して攻撃するような目に余るダブルスタンダードがあったために、ここは強調しておきます。
産経新聞や読売新聞の評価ですが、薬物犯罪など社会面の充実は評価に値します。産経新聞や読売新聞が支持される要因は、その論説ではなく、そのようなところにもあります。イデオロギー的な政治論点に関心を傾斜させた左翼が取りこぼしたものを拾っていると言えます。それすら左翼陰謀論者から見れば、身近な犯罪をクローズアップして政府批判から目をそらす偏向報道となりますが、むしろ産経新聞や読売新聞の方が反社会的な問題への斬り込みが鋭い面もあります。最近ではトヨタ自動車常務の麻薬密輸事件があります。これは産経新聞が突出しています。リベラルとされる新聞の方が及び腰です。

グランドガーラ門前仲町不買運動

#江東区 #投資 #マンション #不買運動
迷惑勧誘電話のエフ・ジェー・ネクストに対して、グランドガーラ門前仲町不買運動を進めよう。買ってはいけないグランドガーラ門前仲町。借りてもいけないグランドガーラ門前仲町。自分の物差しでマンションを建設することは止めなさい。エフ・ジェー・ネクストの問題に共通の意識を持ち、不買運動を唱えることは、とても大事なことである。一人一人の意思と行動は必ず実を結ぶ。
エフ・ジェー・ネクストの迷惑勧誘電話は全てを愚弄する。呆れるというか情けない。恥ずかしいと言った方がいい。何故、迷惑勧誘電話ができるのか、その根っこが全く理解できない。
迷惑勧誘電話営業は本物の悪党である。邪悪と言ってもよいほどである。マンション投資には事故物件になるリスクがある。二子玉川ライズやニューステートメナービルの飛び降りは記録されている。これからは高齢者単身世帯も増えて事件・自殺だけじゃなく孤独死の事故物件になるリスクもある。
自分への一切の干渉は拒否すると言いながら、他人には社会人のルールを云々することはダブルスタンダードです。

2015年7月5日日曜日

家政婦は名探偵書評

#小説 #読書 #書評 #新刊
『家政婦は名探偵』はヴィクトリア朝を舞台とした推理小説である。本書の特徴は使用人がチームを組んで謎解きすることである。探偵役の一人だけが真理を見通すという感じではない。そのために各キャラクターが活き活きとしている。ハウスメイドのベッツィと馭者のスミスは張り合うことが多いが、外部の人間には共闘する(222頁)。
本書ではアヘンを使って患者に秘密を喋らせ、それをネタに患者を脅迫する悪徳医師が登場する。ドクハラが社会的に認知されつつある日本でタイムリーな刊行になった。また、アヘンを人を害する道具として使っていることも現代的である。ヴィクトリア朝推理小説とアヘンと言えば、シャーロック・ホームズを連想する。ホームズは自己の快楽のためにアヘンを吸引していた。それは現代的な道徳観念からは受け入れられない。日本でも危険ドラッグが社会問題になっている。危険ドラッグ乱用者の運転でひき殺されるなど、興味本位で危険ドラッグを吸引した人の自業自得では済まない問題が起きている。本書の悪徳医師のような使われ方も考えられる。薬物犯罪は被害者のない犯罪ではないと実感した。

ガーラ・グランディ東大島不買運動

#マンション #投資 #江東区 #悪質商法
ガーラ・グランディ東大島不買運動を進めよう。ガーラ・グランディ東大島不買運動は日本の未来にすら関わる問題を提起している。ガーラ・グランディ東大島は買ってはいけない。ガーラ・グランディ東大島は借りてもいけない。エフ・ジェー・ネクストは迷惑勧誘電話で悪名高い。反社会的な企業の物件は不買運動がふさわしい。
エフ・ジェー・ネクストのトラブルはエフ・ジェー・ネクストが義務を忘れ、自社の権利だけを主張することが原因である。しかも消費者や住民の権利は無視する。
エフ・ジェー・ネクストでは幸福とは何かが揺らいでいる。FJネクスト営業は迷惑勧誘電話を続けることでFJネクスト営業でいられる代わりに一人の人間ではなくなってしまう。
港区のガーラ東麻布新築工事は住民反対運動が起きている。エフ・ジェー・ネクストは住民の批判に耳を塞ぎ、傲慢に強引に建設を進める。エフ・ジェー・ネクストのマンション建設によって住民の中でも特に女性や寝たきり老人のような弱者にしわ寄せがきている。マンション建設現場は混沌としていた。暗くて暑い。何もかもがメチャクチャであった。大変な有り様であった。建築紛争を終わったことにされている住民の憤りを改めて実感した。
エフ・ジェー・ネクストのワンルームマンションは犯罪が起きやすい環境であると東麻布を守る会は指摘する。危険ドラッグ製造拠点なども考えられる。危険ドラッグ売人の血の気のない顔は幽霊のように真っ青であった。尊大で横柄そうな目の奥に恐怖が透けて見える。

2015年7月4日土曜日

ガーラ・グランディ東大島迷惑電話

#マンション #投資 #迷惑 #勧誘
エフ・ジェー・ネクストの迷惑勧誘電話はストーカー並の悪質さである。商品先物取引の勧誘が善良に見えてしまうほどの悪質さである。ガーラ・グランディ東大島不買運動と言いたくなるほどである。買ってはいけないガーラ・グランディ東大島。借りてもいけないガーラ・グランディ東大島。
ガーラ東麻布新築工事やガーラ木場新築工事は隣接地から僅か五十センチのところに高層マンションを建設する非常識な計画である。住民の反対意見を聞かず、しゃにむに建築しようというもので極めて乱暴である。マンション投資は家計簿を壊す。消費者は一度の人生に十分すぎるほどの悪や不浄を見せつけられることになる。
マンション投資の勧誘電話は風俗を乱す。真実はエフ・ジェー・ネクストが忘れようとするものの近隣、エフ・ジェー・ネクストが忘れたものと無視したものの交差点に存在する。
近所の投資用マンションは新築から半年たってもまだ入居ゼロである。どうするのだろうか。家賃や借金などの問題を超えて、エフ・ジェー・ネクストに日本の終わりみたいなものを感じる。

東急不動産前社長コンプライアンス違反

#東急不動産 #東急不買 #東急不買運動 #東急
東急不動産ホールディングスは三枝利行・東急不動産前社長にコンプライアンス規定違反があったと社内調査委員会から報告されたと発表した。社長自らコンプライアンス違反とは、東急不動産だまし売り裁判や東急不動産係長脅迫電話逮捕事件が起きる訳である。ろくでもない企業のように聞こえる。次は何が明らかになるだろうか。
しかも、三枝利行前社長のコンプライアンス規定違反発覚は、東急不動産の自浄能力を示すものではない。社内の権力闘争に過ぎないと指摘される。
顧客不在の姿は東急不動産だまし売り裁判の消費者無視に重なる(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。東急リバブル東急不動産のマンションだまし売りを正当化する理由はない。東急リバブル東急不動産は東急不動産だまし売りによって消費者の人生が台無しにならないように、できる限りのことをしなければならない。東急リバブル東急不動産には素直に過ちを認めて、謝罪してほしかった。謝罪せずに、いつまでも、逃げ回るわけにはいかない。

2015年7月3日金曜日

医療裁判傍聴のお願い

2015年7月15日(水)10時東京地裁703法廷で開かれる医療裁判傍聴のお願いです。人間の「命」は、平等であり年齢、健康体、罹患体の隔てなく何人も侵すことのできない絶対的権利です。患者は自分の体に何が行われるのかを「知る権利」があります。また患者には、法的に保護されている「患者の自己決定権」があります。医師には、患者が自己決定するための「医師の説明義務」があります。患者の承諾のない治療行為は「専断的治療行為」といって法的制裁を受けます。本件は、母親の病状にたいして十分な説明及び治療を行わずに命を絶ったとして、長女が長男夫婦と病院を訴えた事件です。傍聴のお願いを申し上げます。
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/

亀戸に辺野古の海がやってきた

もっと辺野古を知りたい。今、沖縄県名護市の辺野古で何が起こっているのか。江東区亀戸で街頭アピールを実施します。
日時:2015年7月12日午後1時半開始(1時準備開始)、午後3時終了
場所:亀戸歩行者天国(亀戸駅北口から蔵前橋通りまでの明治通り、亀戸十三間通り商店街)
主催:希望のまち東京in東部、9条の会・江東
是非ご参加ください。どなたでもご自由にご参加ください。少しの時間でも、途中参加・退出も自由です。短時間だけの参加も歓迎です。たくさんの皆様のお集まりをお願します。どうぞ、お気軽にご参加ください。
鳴り物やプラカードを歓迎します。こちらでもプラカードを用意しますが、独自の工夫を凝らしたプラカードも歓迎します。
http://www.hayariki.net/tobu/index.html

吉野健太郎に薬事法違反で有罪判決

#危険ドラッグ #脱法ハーブ #危険 #ドラッグ
危険ドラッグ福井事件で福井地方裁判所は吉野健太郎に懲役二年などの有罪判決を言い渡した。執行猶予がついた以外は検察の求刑通りである。吉野健太郎の有罪判決はNHK福井放送が報道した。報道では押収された危険ドラッグのパッケージや福井地方裁判所の法廷などが映された。
危険ドラッグは社会問題になっている(林田力『危険ドラッグは風俗を乱す』AmazonKindle)。危険ドラッグを販売したらどうなるかを考えることなく、欲望にかられて犯行に走った吉野健太郎の罪は重い。
吉野健太郎は意地が悪く、卑怯な男であると批判できる。「吉野健太郎の卑怯なTwitter」で検索できる。彼の人となりは、吉野健太郎を否定する理由になる。吉野健太郎のような危険ドラッグ売人の多くは今日だけを生きている。一度立ち止まって、明日どうなるか考えることをしない。
危険ドラッグ福井事件には目に見える以上の問題がある。執行猶予となった危険ドラッグ売人が許可すら取ることなく街をあるくことは恐ろしい。吉野健太郎は埼玉県所沢市元町居住と報道されたが、Twitterでは居住地を東京都江東区としている。吉野健太郎のような存在が街中を歩いているならば江東区民にとって心配事である。

2015年7月2日木曜日

ブラック企業・ブラック士業

#ブラック企業 #東急不動産だまし売り裁判 #林田力 #ブラック士業
林田力『ブラック企業・ブラック士業』(AmazonKindle)はブラック企業問題を取り上げる。ブラック企業やブラック士業は自分から敵を作っていると言ってよい。労働者に対するブラック企業、消費者に対するブラック企業、住民に対するブラック企業は同じ根を持つ。
新人やパートに嫌がらせやパワハラをして仕事ができるようになるか。コントみたいな事を本当にしている。まともな思考回路ではない。どうしたらここまで低レベルになれるのか。体育会系思考でクリエィティブな仕事ができると思うなら、その方がよほど仕事をバカにしている。顧客を見ているなら、そのような思考にはならない。