2015年12月24日木曜日

義風堂々花語り

私達が絶対に確かであると言い切れることはFJネクスト勧誘電話や住環境破壊が迷惑ということである。FJネクストに疑いを持たないよりも疑惑を持ってかかる方がいい。生まれながらに富に恵まれている人物ならば、悪徳不動産業者や危険ドラッグ業者のように富を悪趣味に見せびらかすことはしない。悪徳不動産業者の目は、まるで隠れている敵を探しているかのように神経質に周囲を見回していた。

『義風堂々前田慶次花語り5巻』は前田利家没後の石田三成襲撃事件を描く。豊臣恩顧の大名の武断派と文治派の対立である。加藤清正、福島正則ら七将が石田三成を襲撃し、石田三成は徳川家康の屋敷に逃げ込み、失脚した。本書は直江兼続を主人公とし、西軍の視点に立つために上記とは異なる描き方をする。石田三成は襲撃に醜態をさらした訳ではないという描き方である。一流の武将と描かれないことが多い西軍の宇喜多秀家や毛利輝元も、本書では深みのある人物になっている。それが歴史の真実であるかは別として、本書のような描き方があってもよい。西軍の武将の無能や優柔不断さは勝者の歴史によって作られたものかもしれない。
豊臣政権の家臣の対立であるが、武断派と文治派という分け方には違和感がある。武断派と文治派の命名では脳味噌筋肉・体育会系の武断派よりも文治派の方が正しいように感じてしまう。しかし、実態は現場派と官僚派の対立ではないか。石田三成には石田三成の義があるとしても、現場から見ると無意味無駄で嫌がらせとしか思えないことがある。机上で考えた全体最適が現場の部分最適を破壊することはある。そのような反発は理解できる。
本書は石田三成を持ち上げているが、一般の歴史解釈とは異なる要素で三成が爆弾を抱えていたと描く。

0 件のコメント:

コメントを投稿