2015年11月29日日曜日

戦争法制ぶっ潰せ江東行動・豊洲ビバホーム前宣伝行動

戦争法制ぶっ潰せ江東行動・豊洲ビバホーム前宣伝行動
戦争法制ぶっ潰せ江東行動は2015年11月28日、豊洲ビバホーム前宣伝行動を実施した。江東区豊洲のスーパービバホーム豊洲店前は300人近い参加者でいっぱいになった。天候にも恵まれ盛況であった。

野党は結集して戦争法廃止と、有田芳生・参議院議員(民主党)と宮本徹・衆議院議員(日本共産党)が訴える。山添拓弁護士、あぜ上三和子東京都議会議員(日本共産党)、大嵩崎かおり江東区議会議員(日本共産党)、佐藤有恒北区議会議員(社会民主党)も駆けつけた。

有田議員と宮本議員、山添弁護士は江東行動のキャラクターの猫ちゃんのお面をつけて演説された。柿沢未途衆議院議員(維新の党)、大沢昇前東京都議会議員(民主党)の不参加は残念であったが、民主党・共産党・社会民主党議員の参加は江東区では貴重である。

パフォーマンスも「大根踊り」「安倍おろし」を始め楽しいイベントになった。農大生の「大根おろし、安倍おろせ!」の音頭で皆が大根を持って踊る。ママの会@江東からは「テロリストの母親も被害者のママも誰の子供も殺しあうことは望んでない」のスピーチ。荒川から安倍人形をもって来る人、新宿から、台東から飛び入りの参加者たち。江戸川からの人はツイキャスを中継した。総視聴者数は290人に上る。

紙芝居あり、三線あり、コーラスあり、そして2000万署名やシール投票。買い物客も足を止めていた。風船を渡した子供たちを見ながら、戦争法廃止の声をさらに広げていこうと感じた。
http://www.hayariki.net/9koto/151128toyosu.html

0 件のコメント:

コメントを投稿