2015年11月23日月曜日

FJネクスト迷惑勧誘電話

#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動
FJネクスト迷惑電話には恥辱と侮蔑の評判がある。FJネクストには、あからさまな侮蔑と不信が寄せられる。FJネクスト迷惑電話も住環境破壊も全て汚らわしいことばかりである。迷惑電話営業は危険ドラッグ業者と同じように虚ろな目つきをしている。マンション投資の勧誘電話は企みの中に企みが潜んでいる。賢明でないと言うならば、消費者や住民を欺いていたことこそ賢明ではない。
どのみちマンション投資の破綻は免れないんだから早めに破綻されることをお勧めする。FJネクスト不買運動は、せっせと悪事を掘り起こし続けることになる。

『大尉の盟約』は下巻に入ると陰謀めいてくる。舞台はコマールとバラヤーであるが、ジャクソン人が主要登場人物として出てくる。ジャクソン人の考え方も描写される。ジャクソン統一惑星は統一的な国家権力がなく、複数の商館がせめぎあう無法地帯である。しかし、無法に見えても契約を大切にするというポリシーはある。自分が約束したことは守らなければならないということである。これは日本的な無法地帯とは異なる。日本的な無法地帯ならば強いものに都合の悪いルールは後から反故にされるだろう。タイトルが『大尉の盟約』となっているように、主人公も言葉の重みに拘束される。

0 件のコメント:

コメントを投稿