2015年11月12日木曜日

大尉の盟約

#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動
『大尉の盟約』はスペースオペラである。ヒロインは豪族の娘であるが、家が乗っ取られて逃亡、潜伏の身である。世間知らずの姫君ではなく、陰謀渦巻く世の中を渡り歩くための知恵を教育されている。以下の台詞は公平というものを考えさせられる。
「両親からしっかり教えこまれたことがひとつだけあるんだけど、それは両方の力の差が大きすぎるときには、契約は不可能だってことなの。力の大きい側が皮膚を擦りむく程度でも、小さいほうは丸裸になるから」(上巻155頁)。

ご指摘のようにコスタリカは戦争そのものは否定しておらず、日本国憲法のスタンスと同じではありません。むしろ、コスタリカ以上に日本国憲法の平和主義は徹底していると位置付けられます。日本国憲法には戦争の惨禍を繰り返さないという背景がありました。これに対してコスタリカは軍隊という組織を維持する弊害が背景にあります。中南米諸国はクーデターに苦しめられてきました。これは戦前の日本も同じです。また、軍隊という組織の持つ人権侵害体質も民主社会と相容れないものです。これもイジメ自殺問題など自衛隊と重なります。故にコスタリカに学ぶ意義はあるものと考えます。あるべき安全保障についての私見は日本海賊TVで言及しました。
FJネクスト不買運動の、ささやかな行為が積もり
積もって世界を変える。
http://hayariki.x10.mx/
Amazonレビューで検索しよう
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4904350138
[ガーラ・プレシャス東麻布不買運動]
FJネクスト・ガーラ東麻布新築工事建築紛争
https://www.youtube.com/watch?v=sXonyAcM8IU

0 件のコメント:

コメントを投稿