2015年10月27日火曜日

カリフォルニア州自然死法

【カリフォルニア州自然死法】
 健康で意思能力が十分存在した時になされた抽象的な延命措置拒絶表明を、現実に末期状態になった時のそれとみなすことはできない。立案には詳細な手続要件を数多く置くとともに、慈悲殺、あるいは、生命を短縮する作為、不作為を許容するものではない旨の規定を置くなど法の濫用を極力抑える態度がとられた。
  高齢者医療中止裁判 第7回口頭弁論
 2015年11月25日(水)10:30 東京地裁610法廷
   傍聴のお願いを申し上げます。 
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/

0 件のコメント:

コメントを投稿