2015年10月24日土曜日

FJネクスト不買運動

#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動
FJネクスト不買運動を止めることは、息を吸ったり、水を飲んだり、食事をしたりすることを止めるようなことである。住民や消費者の幸福をいかに守りぬくか人々とともに考える活動である。
FJネクスト迷惑電話は不快感をもたらす。いずれ吐き気がやってくるだろう。FJネクスト迷惑電話に理解可能な動機を見つけようと努めた。しかし、それは一つとして見つかることがなかった。住民の理解・合意を得られぬままに強行するマンション建設はガーラ・プレシャス東麻布だけではない。住民が開発を決めるシステムの構築が急務である。FJネクスト不買運動は人間の責任として、やらなければならない活動である。住環境を軽視する不動産業者にどのような未来があるのか問われている。FJネクスト不買運動は人間の生き方や尊厳の問題と捉えることが大切である。
迷惑勧誘電話営業は人間として欠陥のある者が多い。自己顕示欲まみれの者や他人を陥れる者である。この状態が続けばまともな人間は逃げ出して最悪の状態になる。

五洋建設は茅根創・東京大学大学院教授から二百万円を受け取っていた。茅根教授は沖縄防衛局の設置した環境監視委員会委員である。五洋建設は辺野古埋め立て本体工事を受注した。五洋建設は米軍岩国基地、佐世保基地の土木工事の完成談合事件で担当者が略式起訴された。

『オモヒヤル』は電子書籍の小説である。色々な平行世界が描かれる。子どもを亡くした親の人生と子どもが生きている親の人生は大きく異なる。日本人には、どのような逆境でも乗り越えて前に進む精神論・根性論が持て囃される傾向にあるが、それは虐げられ苦しむ人をますます苦しめるだけである。

0 件のコメント:

コメントを投稿