2015年9月28日月曜日

あの日見た花の名前を

#アニメ #ドラマ #レビュー #review
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』はアニメ作品である。略称は「あの花」。フジテレビでテレビドラマも放送された。泣ける感動作である。
舞台は秩父で、自然が豊かな町並みが描かれる。ファンの間では聖地となり、秩父の観光にも大きく貢献した。
子どもの頃の秘密基地が高校生になっても残っていることが素晴らしい。今の日本には、その余裕もない。開発ばかりの現代日本では成り立ちにくい。マンションばかりバカスカと建てられる。FJネクストの投資用ワンルームマンションのように需要がないのに迷惑勧誘電話で押し売りするために無駄なマンションが建てられてしまう。
キャラクターが皆、過去の後悔を大切に抱えている。前に進むばかりの非歴史的な日本人ではない点が感動の要素だろう。
アニメは若い世代向けであるが、本作品は娘を亡くした親の気持ちも丁寧に描いている。友達を亡くすことと娘を亡くすことは立場が異なる。安易に皆で一緒に悼むとせずに、対立する感情を描いている。

FJネクスト迷惑電話
https://twitter.com/mosakuren
迷惑勧誘電話のFJネクストのガーラ・グランディ小竹向原は買ってはいけない。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/
FJネクストのWikipediaでは編集合戦も起こっています。FJネクストに都合の悪い情報が執拗に削除され、批判されました。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/wikipedia2.html
#FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト不買運動 #FJネクスト反対運動
FJネクスト ガーラ東麻布 赤羽橋 既存住民が受け入れられないマンション建設反対!
住民の意見を無視した 建設計画!
☆隣のビルまで50CM!と非人間的☆
隣人と手が繋げるまでのところに窓を作る、非人間的生活環境を強制!
https://sites.google.com/site/higashiazabu2014/

0 件のコメント:

コメントを投稿