2015年9月22日火曜日

トリンドル玲奈が慶応大学を卒業

女優でモデルのトリンドル玲奈が慶應義塾大学を卒業したと2015年9月16日付けのブログで報告した。「今日、慶應義塾大学の卒業式に出席しました!無事に卒業できたことをご報告させていただきます」。トリンドル玲奈は高校卒業後、慶應義塾大学環境情報学部へ進学した。2009年後の芸能界デビュー後は一時休学したものの、復学し、湘南藤沢キャンパスに通い、卒業した。

トリンドル玲奈と言えば、ブラック企業と闘うドラマ『ダンダリン』が印象深い。『ダンダリン』でブラック企業だけでなく、ブラック企業に違法スレスレを指南するブラック士業の問題も取り上げた(林田力『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』「『ダンダリン』第5話、ブラック士業の幼児性」)。

トリンドル玲奈の役柄は、自らのアルバイトでの被害経験からブラック企業は許せないという正義感に燃えた存在であった。段田凛(竹内結子)の異動当初の、やる気のない官僚的な職員の中では、まともな労働基準監督官であった。

トリンドル玲奈が大学を中退せずに卒業されたことは立派である。同じく芸能活動しながら大学を卒業した芸能人に歌手の青山テルマがいる。青山テルマは上智大学を卒業したことを2012年3月26日に自身のブログ「青山テルマのONE WAY」で報告した。着物に袴姿の写真を掲載した上で「この度、私 5年半もかけて、上智大学を卒業しました」と記述する。単位を落としたために5年半がかりの卒業となったという。安易な大学中退者が多い中で立派である。素直に卒業を祝したい。卒業おめでとう。
http://www.hayariki.net/cul/keio_univ.html
テルマはトリニダード・トバゴ人と日本人のクォーターである。2008年1月リリースのセカンドシングル『そばにいるね』がヒットし、女子大生歌姫として注目を集めた。これまでも大学生との対談などで「学校に行った方がいい」と話しており、言行一致、主張の一貫性を示した。ブログには以下のように記載する。

「もしそんな私が学校を辞めてしまったら、私が言った言葉がすべて嘘になってしまうのと同時に、これから私が歌ったり、発信する『言葉』が軽く聞こえてしまう。それが一番嫌だった。それが一番ダサイと思ったの」

Boycott Gala Kiba (Japanese Edition) [Format Kindle]
http://www.amazon.fr/dp/B014O274OY

0 件のコメント:

コメントを投稿