2015年9月16日水曜日

戦争いやだ!市民青空フォーラム

「戦争いやだ!足立憲法学集会」実行委員会は「戦争いやだ!市民青空フォーラム」を:2015年9月13日(日)午前11時から午後1時まで東京都足立区の北千住駅西口ペデストリアンデッキで開催した。中山武敏実行委員長の開会挨拶で始まり、吉田万三元足立区長の閉会挨拶で締めた。司会は瀬田裕和・希望のまち東京in東部共同代表である。

市民青空フォーラムは市民で楽しむイベントである。自由に訴え、討論する。歌や踊り、シール投票やパネル展示など多数の市民グループによる多彩なアピールに足を止める通行人が多かった。子ども達に9の形の風船やバッチを配布するなどなど楽しいイベントになった。

ピースフラワー合唱団は「羽ばたけ憲法9条」や「青い空」(作詞・小森香子、作曲・大西進)を合唱した。「羽ばたけ憲法9条」はベートーベン「第九」のメロディーである。沖縄の楽器・三線の演奏や大根踊り「安倍晋三おろし」もあった。土屋のりこ足立区議会議員や平和と民主主義をめざす全国交歓会(ZENKO)メンバーはエイサー踊りを披露した。やこう恵美氏(緑の党)は「君と僕の未来〜原発はいらない〜」を披露した。これは脱原発を訴える歌である。

「芸人9条の会」の古今亭菊千代さん、松丸まこと足立区議会議員(維新の党)や西の原えみ子足立区議会議員(日本共産党)、浅子けい子足立区議会議員(日本共産党)らも市民の立場でトークした。松丸議員は子ども達への風船配りも手伝った。

市民青空フォーラムには北千住法律事務所、9条の会足立連絡会、東京都教職員組合足立支部、社交ダンスの会、希望のまち東京in東部らが参加した。希望のまち東京in東部はシール投票や教科書展示で参加した。希望のまち東京in東部のブースでは育鵬社と他社の教科書比較に関心が高く質問が続く。

ペデストリアンデッキには様々な幟旗が林立した。希望のまち東京in東部のブースではFJネクスト反対運動の幟旗も立てられた。FJネクスト反対運動の幟旗は黄色に赤字で「FJネクスト!境界線ギリギリ非人間的」と書かれている。濃紺の希望のまち東京in東部の幟旗とコントラストになっている。

FJネクスト反対運動の幟旗は足立区では初掲示になる。オリジナルは港区の赤羽橋のガーラ東麻布新築工事反対運動(東麻布を守る会)の幟旗である。東麻布を守る会の幟旗は何度も破壊されるという犯罪被害に遭っている。江東区東陽のガーラ木場新築工事反対運動の幟旗を北千住に持ってきた。
http://www.hayariki.net/tobu/aozora.html
この日は墨田区の錦糸公園でも青空憲法CAFEが開催された。弁護士が紙芝居やクイズで戦争法案について説明し、参加者から熱心な質疑応答がなされた。「戦争法案ぶっ潰せ江東行動」のメンバーも参加し、隣区での交流のきっかけをつくった。戦争法案反対の運動を通じ東部地域の市民運動の前進を実感した。安保法案を今国会で成立させる必要はない。安倍退陣を求める市民の声は更に広がると実感した。

0 件のコメント:

コメントを投稿