2015年8月8日土曜日

FJネクスト投資用マンション建設問題打ち合わせ

希望のまち東京in東部有志は2015年8月8日、FJネクスト・マンション建設問題についての打ち合わせを東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクストFJ Next Co., Ltd.)は大学教員に一方的に勧誘電話しているとWikipediaで報告されている。

「同社の社員がしばしば大学教員にセールス電話をかける行為が問題化している。教員の自宅のみではなく、勤務時間に大学や研究室へも頻繁に電話をすることから、大学教員の間では悪名高い。大学で教員が迷惑電話の話をしていると、別の教員が「エフ・ジェー(の話)ですか?」というように話に入る光景が、全国の大学で見られている。ワン切りします。迷惑電話です。こういった業者の撲滅が早急に望まれます」

マンション投資の勧誘電話は、マンションに住まない人々にマンションを売りつける。地域のことを考えていない。建築関係の業者にまで迷惑勧誘電話がかかってくる。周囲が3階建てくらいの場所に10階建てが建つことは異常である。住民としての声をあげていく。ワンルームマンションは風紀や風俗を乱す。住民団体「東麻布を守る会」は投資用マンションを「犯罪のおきやすい環境であり、入居者も社会的責任感に欠ける可能性が高い」と批判する。

工事被害は甚大である。工事期間中に不測の事態が起きる時に責任ある対応をするか。FJネクストの迷惑電話の評判を知ると難しい。周りのリスクに対して補償できるか。大きな通りではない。大型車による交通事故の危険がある。無造作な業者は泥を落とさず、トラックを出すために埃だらけになる。粉が家の中に入ってきた事例がある。粉だらけになったこともある。塗装の粉が車に飛ぶ。

赤羽橋のガーラ東麻布(東京都港区東麻布1-29、2014年8月着工、2015年9月完成予定)では反対運動が起きている。住民団体「東麻布を守る会」が活動している。現場は都営大江戸線・赤羽橋駅すぐである。建設地には反対運動の幟旗が林立している。幟旗は以下のメッセージである。
http://www.hayariki.net/tobu/fjnext.html
黄色「エフ・ジェー・ネクスト社!もうご免!投資用ワンルーム!」

黄色「エフ・ジェー・ネクスト社!住民無視のワンルーム大反対!」

赤紫「エフ・ジェー・ネクスト社!窓から手届く50センチ非人間的!」。

緑「エフ・ジェー・ネクスト社!環境破壊のワンルーム大反対!」

これをベースにし、以下のメッセージを打ち出す。

「迷惑電話のFJネクスト!もうご免!投資用ワンルーム!」

「迷惑電話のFJネクスト!住民無視のワンルーム反対!」

「迷惑電話のFJネクスト!境界線ギリギリに高層マンション非人間的!」

「迷惑電話のFJネクスト!住環境破壊のワンルーム反対!」

0 件のコメント:

コメントを投稿